Welcome to my blog

セルフでファミリーヒストリー

川越でご先祖様の足跡探索 3(埼玉)

16 0

前の記事よりつづき 】
2009年10月7日(水)



前々の記事よりつづいており、ややうっとうしい連載。
せっかくなのでもう一記事書くもんね。

明日は大型台風上陸と言われ、前線が影響を受けてすでに大雨状態の中、
それでも小江戸・川越をたのしく散策してます、ワタクシ。
悪天候に負けないオンナ、こにゃくう。
歩きに歩いて
ご先祖様の勤務先だった川越城跡を目差すのさ。
↑画像は大手門跡にある川越市役所&太田道灌氏。
(川越城は道灌が造ったという説があるから)




■突然ですが、川越グルメ情報。
 川越城大手門跡、現市役所前にそば屋。
 店構えがすてきだったので入店&いただきます♪したい気持ちをぐっと堪えデジカメ撮影で我慢。
 (この後、夕食の約束があるのでね)
 手打ちそば「百丈」(HP)
 なんだかレトロ&モダンでいい感じな外見。
 約80年前の商家を改装しての営業。
 国の登録有形文化財。
 前々の記事でおまんさまが
「手打ち蕎麦の店が好きで何度か行きました」
 とコメントくださったのはこの店のことではないかしら?
 おいしい蕎麦屋さんなのではないだろうか?
 ・・・次回、次回こそは・・・



■城は遠い!
 大手門からかなり歩いてもなかなか着かない。
 大雨だし。
 しかも『本丸御殿は修理中で休業』と掲示が。
 悪天候に負けないオンナのはずだけど
 へこたれて途中の川越市博物館に逃げ込む。
 ついでに見学。
 →の画像は川越市オフィシャルサイトからパクリました。
だって大雨で外観の撮影をする余裕がなかったんですもの



■江戸時代の川越城下のジオラマがあった。
 おー。
 これは興味深い。
(受付で撮影許可を得て写しました)



  ■前々回の記事で「川越に越してきたご先祖が住んだ町」と記事に書いた「六軒町」は
   たぶんこの◯印の辺り。
   へ~え…武家の家といっても農作物を庭で作ってたりして
   なんとも、のどかな風情の暮らしだったね。頂く給米だけでは生活が苦しかったりして?
   実家先祖のお家もこんな感じだったのかもね。




     ■展示物を順に見ていてこんなコーナー発見。『藩校ー講学所と長善館』



■『長善館』って・・・
 父の書き残した実家の来歴にあったよーな?
 12代の相致氏が『懲善館素読助手となり…』って書いてあるじゃん!
 藩校で助手やってたんだー。
 年齢は20才ごろみたいだから今に置き換えて考えると…
学習塾のバイト講師」って感じかな~?
 ふーん。
 ご先祖様がリアルに感じられます。
父の書いたものは「懲善館」となってます。
 たぶん、父またはその前の代で「長」を
 「懲」に取り違えたのかも。

娘のワタシ、息子の兄、そして孫のこにゃくうムスメたちにも読めるように、と
難解な先祖の記録を父が現代文字で書き直してくれたのが「◯◯家代々の人々」なんですが
もともとは、この江戸末期のバイト講師・12代相致氏の書いた「相致日記」が主なベースなのです。

12代相致氏は来歴を調べたり、書き残すのが好きな人だったようだ。
なんか…せっせとブログやって日常を記録に残そうとしている自分に似ているかも。
相致さん、今生きてたら間違いなくブロガーやってただろうね!
我らは書き物大好きな家系というワケですわね。

 さて、大雨の中の川越・ご先祖足跡めぐりの散歩もこの辺でおしまい。
 夕食はオットと川越で待ち合わせです。
 そろそろ、会社が終わったオットが西武新宿線でこちらへやってくる時間。
 今宵はオットとサツマイモ尽くしの料理屋さんでごはん食べです。
 ディナー編については「つづく」でございます。
 
関連記事

16 Comments

There are no comments yet.
No title

W A X  

2009-10-28 13:27

書き物が好きなのはご先祖様から代々受け継がれていたんですねぇ。
ふむふむ。

よく、展示物の写真は撮らないで!! というところが多い中
写真撮影許可がでるとは、川越は太っ腹ですなぁ~。

しかし、台風にも負けず出かけられたこにゃくうは素晴らしい。
ので素晴らしいの「ほち」(笑)

EDIT  REPLY    
No title

omansama  

2009-10-28 21:57

ここ!!ここよ~~~!!百丈さんです(^^♪

名前を忘れたけど、あっさり味の煮物!?みたいなのがあるの。
これも美味。そだ!思い出した!「こつゆ」。

シンプルな冷たいお蕎麦はとっても美味しかったです。

こにゃくうさんは、あまり甘い物は食べないのよね?
このシリーズが始まった直後、Y美から宅配便が届きました。
「いも恋」と言う川越のお菓子。
今度記事にします。お芋感がたっぷりで美味しいのです('-'*)フフ

EDIT  REPLY    
No title

asl*_*004  

2009-10-29 05:18

ほんと情緒たっぷりのお店、だね。
おまんさまったら、ほんと嬉しそう~!!
コニャクウさんのご先祖サマは。。そうかぁ、ブロガーだったのか。。
おいしいおそばなんても案外書き残してあったりしてね。うふふ。
楽しくなっちゃうね。。。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-10-29 09:18

WAXさん、ほちをありがとう!
つらつらチマチマと駄文を書くのが好きなのは、どうも遺伝子のなせる業だったらしいです。
WAXさんもブログが150年残ったら「んまー、ウチの先祖はユニークなキャラの猫を飼ってるゆずっ子だったんだ」とか子孫に言われるかもしれませんね。
川越資料館は台風で超ヒマだったらしく、とても親切に対応してくれました。首から下げる「撮影許可証」くれました。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-10-29 09:34

おまんさま、こづゆだね!私もこづゆって知らなくて↑のWAXさんのブログで初めて知ったのよ。
なんでも福島県会津の郷土料理で結婚式とかお祝いの席での必須アイテムなんだって。
百丈さんの外観って目を惹くよね。お蕎麦も気になるけどこづゆも食べられるんだー。
うん。こにゃくうは甘いモノはイマイチ。でも洋物には消極的だけど和の甘いモノなら手が出ます。Y美さんの芋のお菓子、どんなのだろ?
目移りしちゃうくらい芋のスイーツを売ってる町でしたね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-10-29 09:38

aslcちゃん、青銅のような緑色の外観で、「おおっ!」と目を惹く建物なの。近付いてみて蕎麦屋と知ったけど、一見して蕎麦屋には見えません。おまんさまならずとも「ちょっと寄ってみよっか?」って気分になるお店です。
先祖も書き書きが大好きだったみたい。お絵かきも好きだったようで、墨絵も残ってます。遺伝子恐るべし。
そしてビンボウ侍のくせにおいしい物も好きだったかもね。「この蕎麦屋うまい」とか「ここの焼き芋が好き」とか…

EDIT  REPLY    
No title

天ママ  

2009-10-30 01:18

なんだかすてき~~~
と読み終わり思いました
お父様に感謝でしゅね・・・なかなかこういう風に残してくれる両親は居ないと思いますよ~~自分のことではないのに素敵な気分です
たいふー前日・・大変な天気の中がんばりましたのね^ぱちぱち~~
あっ!!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-10-30 17:50

天ママさん、こんな私的な内容ですが読んでくださってありがとうございました。父もそういってもらって喜んでいるでしょう。何年もかけて先祖の古文書を読み取って現代文に書き直したようなので。
よりによって台風で~。ムスメが修学旅行で不在で、千載一遇のチャンスだったのでした。ホホホ。

EDIT  REPLY    
No title

すけさん  

2009-11-23 22:57

大雨の中って、さすがは逆境に強いこにゃくうさん。さすがです。
へー、こんなレトロモダンなお店がいきなりボンとあるのですね。これは僕だったら我慢できないです。
えーーーーー!!せっかく行ったのに見られなかったんですか。残念。たしか河越城の前の野球場の裏にある三好野神社にとおりゃんせの碑があったはず。こんな大雨では、行きも帰りも怖い怖いですね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-11-25 20:01

すけさん、とおりゃんせの神社まで行きたかったなあ!お城の辺りは遮るものもないんで大粒の雨が横殴りでバシバシきまして(泣)
行きも良くない、帰りも良くないでしたー。
本丸は改装中で見れないし、挫折です。○| ̄|_
すけさんの記事を再読して「次回はここまで行くぞ」の誓いをたてました

EDIT  REPLY    
No title

masaka  

2010-02-02 17:31

ビックリしました。ご先祖様と川越。

先ず本川越駅前の変わりようにビックリ。昔、昔、本川越駅から、柔道着を背負って、朴歯(ほうば、高下駄)をカラコロ鳴らしながら30分、高校まで歩きました。高校は川越城址(初雁城)にありました。窓ガラスも無く、寒風が直接入ってくる中で学んだことが懐かしく思い出されます。
今はコンクリートの立派な建物に変貌しています。
戦後、あの鐘楼の直ぐ近くに住んだことがあり、何度も登ったものです。ガキには格好の遊び場でした。今は登れないでしょう。
つい懐かしくて長文になりました。ごめんなさい。
川越、福島、新宿・・・すてきなルーツを巡る旅。
これからも楽しみにしています。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-02-02 20:20

masakaさん、京都つながりだけでなく川越も!私もびっくりです!しかも川越高校のOBでいらしたとは。
今回の川越散歩では本丸御殿を目指す途中として川越高校の脇を歩いてみました。名門校ですよね。さすがmasakaさんは優秀な方なんですね。アコガレ♪(〃▽〃)
時の鐘に自由に登れた時代もあったとは!今では考えられない貴重な体験でしたねー。そんな時代の川越へもタイムスリップして見てみたいです。我が御先祖の時代により近づけることでしょう。
近年、キレイに整備されだした川越の町ですが、昔の姿も非常に気になります。wasakaさんは私の好きな京都の過去の様子もご存知だし、お知り合いになれてうれしいです。
ブログのご縁って不思議ですねー。

EDIT  REPLY    
No title

masaka  

2010-02-02 23:19

素敵なコメントをありがとうございました。
「九里よりうまい十三里」
川越は薩摩芋で有名で、江戸から13里。九里は栗、江戸から9里はどこでしたか。
幸田露伴の「五重塔」を思い出しました。
谷中の塔を建てたのは「当時に有名(なうて)の番匠川越の源太」
しつこくなりました。では、また。

EDIT  REPLY    
No title

masaka  

2010-02-03 10:21

「九里よりうまい十三里」
「九里四里うまい十三里」の語呂合わせでしたか。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-02-03 11:47

masakaさん、あはは。(^o^)江戸時代の人のシャレって粋ですね。
ちゃんと理屈通りになってるわけですね。9+4は13だし、なんとも上手く捻るものですねえ。
川越では芋料理を食べましたが、サツマイモを工夫して意外性のある料理に高めていました。
次回はストレートに焼き芋を購入して食べ歩きなんてしてみたいです。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-02-03 12:06

masakaさん、無知な私でありまして・・・幸田露伴の五重塔のあらすじくらいしか知らなくて、恥ずかしながら読んだことないんです。
で、腕の立つ棟梁の方が川越の大工だという設定なんですよね?
ああ、なるほど!と勝手に合点してます。
川越は何度も大火で消失しているから大工のテクニックが関東では抜きん出ていたのでは?とか、川越祭の山車の絢爛さからして名うての大工が多くいたと想像できるな、とか、町を歩いていて「大工町」ってあったなあ。とか・・・いろいろ妄想が浮かびました。

EDIT  REPLY    

Leave a reply