Welcome to my blog

京都

12、妙覚寺★紅葉と静寂の寺(西陣)

8 0
★2015年11月19日追記★
『妙覚寺 紅葉』のキーワードで検索して当ブログにいらっしゃる方が相当数おられるようなので
妙覚寺についてのご連絡です。
このキレイなモミジが拝見できる「法姿園」は2015年11月現在工事中。
「2016年4月まで工事中」に付き拝観受付をしていません。
追記以上。
 
前の記事よりつづき 】
2009年月11月22日(日)
京都徘徊も終盤戦。
日暮れ前にもう数ヶ所、紅葉の寺めぐりをしようと西陣エリアにいきました。
西陣のこのあたりは千利休の茶道の伝統を受け継ぐ三千家(さんせんけ)
(表千家、裏千家、武者小路千家)があり、町のたたずまいに別世界の空気が漂います。
      

■妙覚寺。日蓮宗のお寺。庭の紅葉が美しいというので今回初めての訪問です。

■で、庫裏の玄関前にこの表示。。。

ええええ~~~っ L(・o・)」


■ワタクシ、おもいっきり写真撮影だけが目的の方ですっ。
そんなヤカラは入っちゃダメですか?
ダメなんですね??
「写真撮れなくて、それでも500円かー」
俗物こにゃくうは逡巡しまくりですよ。
いっそパスして次の寺に行こうか・・・
それとも俗物を捨てようか・・・ウーム(ー’`ー;)

俗物捨てることにケッテイ


■・・・わあ♪美しい。パスしなかった自分を褒める。思い切って入ってヨカッタ!
「なんだよこにゃくう、隠し撮りした?」
・・・ちがいます、ちがいます。
実はね
撮れないと覚悟してカメラも仕舞い、おとなしくお庭の美を堪能していたの。
本堂前に座って庭を眺める客は10人くらいだったかな。

皆さん、サクッとカメラを出して各々撮影してるんですわ。控えめにね。
その様子を、お寺の方も認識されているけど特に制止しない。


 ■それで悟りました。
カメラのシャッターをひたすら切る事だけに執心するような無粋なカメラマニアや
 撮影を目的に巡るグループとか、そういう方をお断りしたいのだな、と。


■一切撮影するな、ということではなく本堂で手を合わせてご本尊に挨拶し庭を静かに愛でる人間が
記念にパチリと数枚撮るくらいなら構いませんよという主旨なんでしょう。
茶と菓子で接待もしてくださいますよ。
お菓子はこにゃくうも好きな田丸弥(たまるや)の白川路だ。
うっすら甘く焼き上げたせんべいに香ばしい胡麻。
誰にでも喜ばれる味だと思います。
そういえば田丸弥の支店がこの寺のすぐ近くにあったっけ。
そんなわけでたくさん写すことはしませんでした。
それにしても、この寺の拝観者の皆さんは静粛にされていて気持ちよかった。
相対する楓の美しさを皆で共有するひと時。 
全員でひとつの絵画を鑑賞しているような静寂。

玄関のあの注意書きがあるからこそ、はしゃいだ気持ちで上がっては失礼だと
誰もが襟を正すのでしょう。


■紅葉がこれほどきれいなのなら、新緑の頃もさぞや美しいだろうと想像します。
また訪れたい寺になりました。

■寺はお釈迦様に手を合わせる場所、という当たり前のことを思い出しましたよ。
この旅でたくさんの寺を巡ったけど真剣に合掌してなかったね。
日蓮宗の寺だからお題目をあげて本堂で手を合わせました。
今年、父を法華経の葬儀で送ったので「6月にそちらへ行った穏静院法和日恭居士をよろしくお願いします」(父の戒名)と祈りました。

とても居心地がよかったので
もう数ヶ所巡る予定は取り止め。
日暮れまでこの寺で過すことに予定変更しました。
この妙覚寺で今回の京都旅行のラストにいたしましょう。

退出する頃には、すっかり拝観時間も過ぎてしまっていたのに
追い出すことなく心ゆくまで紅葉と対峙させてくれました。
いいお寺でした。

■退出するときに三方に何かを乗せて「どうぞお持ちください」って。
え?なんでしょー?
ありがたく頂戴したら、お寺を紹介したDVDだったんです。
撮影を制限している分これを上げましょうってことかも。
静か、綺麗、お茶&お菓子付き、DVDのお土産付きで500円!
妙覚寺さん、すばらしいお寺です。
つづく:お土産買って帰ります】
関連記事
国内旅行京都紅葉

8 Comments

There are no comments yet.
No title

W A X  

2009-12-26 14:19

ほぉ~~。
500円払ってもいい感じですね。(笑)
日本人もこういう場所へ足を運ぶような方は決して「無作法」な事はなさらない訳ですね。
こにゃくうさんもそんな方のお一人ねっ。

「境内撮影禁止」の張り紙を写した時点でアウト!!! かと思いましたよぉ。(笑)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-12-26 17:00

WAXさん、どうやら入り口の厳しい貼紙の効果なのか、みんなひそひそ声で会話して静かな美術館みたいな空間になってました。
和尚さんがおっかないのかなー?と思ったんですが、やさしそうな人でしたがね。
「撮影禁止」を撮影禁止?そりゃ厳しすぎよー(笑)

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2009-12-26 18:50

「写真撮影だけが目的の方」ってエライ厳しいお寺ですこと!
なーんて、思ったら、なるほど、そーゆーことでしたか。納得!^^
そうですよね、お寺に参ることの意味を理解してない輩はご遠慮願いましょう。
って、なべさくも撮影禁の張り紙は、次ぎに行くか俗物捨てるか悩ましいところ。。。(^^;
撮影禁のレストランとか、それだけでパスしちゃいますもの。(笑)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2009-12-26 22:40

なべさくさん、厳しいことを事前に言われて、寺を拝観する意味を思い出したって感じですよ。人間としていかがなものか、ってなダメぶりですわ。
でも大抵のブロガーは入口でこう書かれたら帰りたくなりますよね!
私も撮影禁止レストランは絶対ダメです!なべさくさんの記事の「少ちゃん」と呼ばれるウエイター氏がいた撮影禁止レストランのことを思い出しましたよー。

EDIT  REPLY    
No title

ujinakimaro  

2009-12-30 17:38

妙覚寺は桜の時に訪れて枝垂れ桜が美しいのを知っていましたが、もみじも素敵ですね。12/25には伊達政宗が京都に来た時の宿舎に使ったと言うので訪れたのですが、境内を徘徊しただけでした。庭を見せて頂けるのはどの塔頭なんでしょうか?

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-01-02 12:11

笑麻呂さん、ようこそお越しくださいました。
枝垂桜もキレイとは知りませんでした。そんな季節にも行ってみたいものです。
この庭は法姿園といいます。上御霊前通に面した門から入ると左手にある、一枚目の画像の「事務所」が受付です。
法事があると見学できないそうなので電話での確認が確実かもしれませんね。
お勧めしたい静かな庭でした。

EDIT  REPLY    
No title

asl*_*004  

2010-01-21 09:15

紅葉の絨毯がまた綺麗~
歩くのもおしくなりそうなそんな風景ですね。
素敵です。ただただ素敵としかいいようがありません。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-01-23 18:13

aslcさん、歩いてみたいけど庭には降りれないのだったわ。
枝が真っ赤でも美しく、また散り敷いた姿も美しい。
二度楽しめる趣向がいいです。ステキよね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply