Welcome to my blog

北海道の温泉

2.紅葉音【ニセコ湯本温泉】施設編

10 0
前の記事より続き 】
2010年3月13日(土)
 

ニセコでスキーを満喫しようとしたものの強風でリフトが3本しか稼動していなかったゆえとっとと今宵の宿へ撤収だ。温泉、温泉~
 ニセコひらふスキー場からニセコ湯本温泉卿へ向かってます。
 

 前の記事であなざぁさんに「積雪はすごくはないんですね」とコメントを頂戴しました。
が、いい感じの積雪、ありますよー。幹線道路を外れて湯本温泉エリアに入るとこのような雪壁が出迎えてくれます 
 
 

今回のお宿は ニセコ湯本温泉 紅葉音(HP)
コウヨウオト?モミジネ?読めなかったわよワタシ( ̄m ̄*)「あかはね」と読みます。
こにゃくう家にしては珍しく高級そうな宿でしょ?
2年前にスキーに来た際にこの前を通過し、そのときこの紅葉音が目に入った。
「こんな新しい宿、ここら辺にあったっけ?」と気になったので今回の旅では泊まってみよう、という冒険に出たんですよ。
よーく考えたら、こにゃくう家が北海道に住んでいた頃は、ここは「ニセコ山荘」という宿だった。
(2000年からはチセの湯に変更)
けっして一般ウケはしなさそうで、キレイ好きな人は行かないほうがよさそうな
安さと温泉の上質さだけが売り物(失礼な!)の宿だったことをボンヤリ思い出した。
それを06年に高級路線にリニューアルしたのが紅葉音だ(経営者が変わったのかもしれない)
 
 

ゆえにホラ。看板や入り口はステキっぽいですが引いて眺めるとなつかしのニセコ山荘!が現れる。
外観の三角屋根が変わってません。
 
寒いのに駐車場まで出迎え、荷物を持ってくださる従業員さん。接客はとても好印象です。
オットなんて、こうやって出迎えてくれる宿に滅多に泊まらないものだから
にこやかに走り寄ってきた従業員さんに向かって「何か用ですか?」などと吐くし!
コレコレ、オットよ。駐車場からお荷物運びはお高いお宿ではデフォなのですよ(笑)
 



 ナチュラルで素朴系なモードのパブリックスペースがあって、自由に飲めるコーヒー、紅茶、緑茶のサーバーが置いてあって。
 

インテリアといいますかオブジェや置物がチグハグでたくさん置き過ぎてる感は否めません。
でもスタッフの方は皆さん感じが良いです。
 それでも旧ニセコ山荘からよくここまで改装したな、と。こにゃくうは感心するわけです。

では、お部屋にお通しされちゃいましょうかね。

 

わ~~い \(^0^)/ 広~い。第一印象「広い!」の部屋です。部屋の名前は「もみじ
2室ある一番お高い部屋のうちの1室が空いていたとのことでアップグレードして我らに提供してくれた。ラッキーだ。
たぶん定価34100円(休前日料金)の部屋なんだけど27100円で宿泊。

 

なんだか広すぎて部屋の全貌がカメラに収まらない。テレビがブラウン管だったりする(笑)
でも山の中なので受信に難アリでテレビが役立たないからコレでいいです

その代わりロビーに自由に借りれるDVDがあったから ムスメとジュリア・ロバーツのエリン・ブロコビッチ観て。それで満足な我が家だからいいよ。
 

ビール(一番絞り)缶コーヒー、なっちゃん、伊右衛門が人数分収まった冷蔵庫。
 コレはフリー飲んでヨシ!アリガタイ。軽ーく全部飲んでおきました。
 が、実はこの冷蔵庫、壊れていて全く冷えない。
 この宿は強烈な硫黄泉なのでたぶん電化製品が短期間で壊れてしまうのだと思う。
   
でもね、冬の北海道にとって冷蔵庫は冷やす為のモノではなく凍らないようにする為の物だったりするくらいだからビールを冷やすなら部屋の窓の外にホイと放置するだけで速攻で冷えましたから、問題なかったです
 
 

 部屋に設置のマッサージチェアが気に入ってガッツリ揉みまくるムスメ。
 お疲れ様。このスキー旅行はムスメの高校進学お祝い旅行なんです。
「をを~。効く~っ」 (´∇`) ~♪
 ムスメよ、疲れを癒せよ。そして春からまた勉学に励め。
 
 

浴衣のほかに作務衣が用意されていました。浴衣がいつの間にやらハダケてとんでもないことになるこにゃくうにとって作務衣はありがたい!足袋ソックスもついてて、スリッパも安心して履ける。


トイレはまあフツウ。高級なトイレじゃなく。ウォシュレットだったかどうか・・・忘れた。
 
さて今回この宿にした決め手はコレ↓

ニセコ湯本温泉で、かつ客室に露天風呂が付いている宿を求めていたから。
タマゴ臭でくっさくさ!の硫黄泉が好きなの。入りたい放題に湯に浸かれるヨロコビ\(*^▽^*)/
 
  ※ なんだか長くなったのでつづきます・・・
関連記事
国内旅行北海道温泉

10 Comments

There are no comments yet.
No title

週末自遊人  

2010-04-12 13:51

娘さん、高校生になったんですね!早いね~(^。^)
我が娘も、中学生にあがりましたよ!
ニセコ山荘・・・アサマ山荘に似ている(笑)
一人いくら?じゃなくて一部屋いくらなんですか~?
家族3人で27100円じゃ安いですよね!しかも・・露天付きでしょ!
日本酒片手に・・・浴びるほど入ってみたい(^O^)/。。。☆

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-04-12 14:19

すーさん、お嬢ちゃま中学生ですね。おめでとうございます!受験されたのかな?
いやいや、ひとり\27100なんです。我が家にしては大大大奮発です。
いつもは一泊ひとり1万5千円程度の宿が限界価格の我が家ですが。
高校に行くとそんなに旅行も一緒に行けないだろうし、ずっと勉強してきたから小休止、とおもってパーッとやらかしてしまいました。

EDIT  REPLY    
No title

W A X  

2010-04-12 16:19

いいですねぇ。
卵臭い温泉♡ 最近そういうニオイの温泉に入ってないなぁ・・・。
冷蔵庫もフリーなんですか?
でも、ビール3本じゃ全然足りゃあしませんよね? (笑)
勿論コレからが美味しい映像が満載になるんでしょうけどっ。
楽しみにしておりますぅ。

まだおが「風呂ズキンちゃんの登場は有るのか??」と申しております。
なにげにファンなんだそうですよ。(笑

EDIT  REPLY    
No title

週末自遊人  

2010-04-12 16:56

そうだよな~ずいぶん、安い宿だな~と思っちゃいましたよ(^_^;)
久しぶりに、家族そろってのお宿ですもんね!
パ~っと!やっちゃいましたか(笑)
3人で露天にで入ったのかな。。。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-04-12 17:28

WAXさん、あの臭さ!温泉に浸かってるって実感がしていいもんですよね。
ビール三本なんてウエルカムドリンク並みに足りませんね。
でもまあ、サービスなんでこれだけでもありがたいです。無料ビール3本つくような宿に泊まったことないのでうれしかったです。
あの妖怪風呂頭巾。出たんですよ~~。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-04-12 17:33

すーさん、箱根や伊豆と違って、北海道でこの価格だと高い方だと思います。思い切って散財しちゃいました。
いかんせん客室露天は狭かった!2人が快適人数なので、ムスメは私とだけ入ってましたね。
もし3人のキャパがあれば、ムスメはオットとでも入っていたことでしょう。とんでもない高1です。

EDIT  REPLY    
No title

もう一つの夏の日  

2010-04-12 18:40

おおっ、これだけ積もってこそ北海道という感じですね。
露天風呂もへたすりゃ髪の毛が凍ってしまう寒さだったのでは??

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2010-04-13 00:44

温泉宿も生き残りをかけてのリニューアル、大変ですよね。。。
冷蔵庫が壊れてるのはご愛嬌として、硫黄泉があるだけで、満足度急上昇です。
年末から温泉にはご無沙汰のなべさく家、たまご臭でクサイのに浸かりたいです。(羨)

で、今度、宿に行ったら、出迎えのスタッフに「何か?」って言って見ようかな。(笑)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-04-14 11:00

あなざぁさん、壁のような雪が北海道っぽいでしょ?この道は整備されている方です。脇の道だと冬季閉鎖になったりね。
ハイ!露天風呂でタオルが板になりました(笑) カチーンコチーン=☆

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-04-14 11:22

なべさくさん、泉質ばっちりのエリアなのに、ワイルド系の宿ばかりの地区でした。女性にも受けそうなキレイキレイな宿はここが初めての登場。経営方向としては、いいところに目をつけたなと思います。
ぜひ「オレの荷物に何をする~」って言ってみてください(笑)

EDIT  REPLY    

Leave a reply