Welcome to my blog

セルフでファミリーヒストリー

廃墟の谷へ侵入だ!★オットの生家を訪ねる旅・その2

20 0
    オットの生家を訪ねる旅・その1を書いてそのまま放置・・・してたこのネタ。
    すみません、ノロいですがぼちぼち続けてその2をかまします f(^^;)
 
        ※なんのことやら?な方は 
 のリンク、その1をご覧ください。

■今やオサーンのオットが、2歳半まで暮らしていた町を探検しようとやって来た。
   オット家の社宅は、このV字状態の谷に沿ってできた町にあったという。
 
         そんじゃあ、ガラッガラの荒れ地の谷を降りるよ!
 
 

 
 
 
 
 ■当然ながら
 
 登山スタイルのこにゃくう。
 
 足元も登山靴&山登りスパッツで
 
 探検気分もりあがり。
 
 
     えー、さて。
   当てもなく無人の地を歩き回るのは危険だし、効率悪いです。
   今回の探検に臨み、こにゃくうは群馬県嬬恋村の役場にメールを出した。
    
  が、そのだいたいの文面だ。

      嬬恋村 総務課様
 
    義父は群馬県の小串鉱山をいう、今は閉山となった山で労働していたそうです。
    近日、小串を訪ねてみたいと思っています。
    今では地名すらなくなってしまった土地ですから、当時の地図が入手できません。
 
    どこにお尋ねしてよいかわからず、メールした次第です。
    当時の小串鉱山の住宅地図は村役場にありませんでしょうか?
     お忙しいところ、私用なお願いで申し訳ありません。
                                               こにゃくう

  嬬恋村役場さん、親切です! 即、対応してくれましたよ

    こにゃくう 様

    嬬恋村役場 総務課 ●●と申します。
    申し訳ありませんが嬬恋村役場には小串の資料がありません。
    しかし、小串御地蔵堂等慰霊の会で事務局をしているHさん(仮名)という方に電話したところ、
    こにゃくう様宛に電話をするとのことでした。
    ・・・以下略・・・


       

 ■元はこの山頂の町の住民で
 今は山の麓の町に移住したと
 おっしゃる Hさん という
 70代の男性が
 実に親身になってくださった。
 
 手元に保管中だった昔の住宅地図 をこにゃくうに送ってくれたのだ。
 
 
 これで道に迷わずに探検できる!
 
 町は消滅していても
 地形は、そうは変わらないからね。
 
 
 の青○ の場所が車を止めた
    スタート地点。
   (一枚目の画像の場所)
 
  赤○ のこのあたりにオット家が
  あったらしい。 
 

  ■拡大してみよう。
 
   
義父と義母に地図を見せたところ、
 
「ああ、ココ!五区のね、一番奥に
 職員クラブってあるでしょ?
 これはまあ、会社の迎賓館みたいな存在だったの。
他よりちょっと豪華な建物でね。
私達は自虐的に狸穴御殿まみあなごてん)って呼んでいたわ。
我家はその手前にあった5軒が一棟になった社宅の一番右端よ」
 
 ・・・ということで、
 目標はの所と決定だ。
 
 行くぞー、オーッ 
 
 
 
 


  「この地図は今は小串慰霊会の人で当時は労働組合の委員長だった方から
  送っていただいた」 と義父に話したところ、
  名前も出さないのに、義父はこう言った。
          「もしかして、それってHさんじゃない?」



■義父は当時、まだ大学出たての若造だったから、Hさんの記憶にはないだろう。
 が、義父の方は「腕の立つ労組の委員長」としてH氏のことはよく覚えている、と。
                              ※↑の画像はこにゃくうがH氏からいただいたもの
         平成になって、ヨメの私が間に立つとは奇縁だね。
 
 

 
■今回の記事は
 説明ばかり長くてスマンこってす。
 
 最後にもうちょっとだけ、
 長っぱなしさせてちょ。
 
 こんな僻地の山頂に
 何の産業があって、
 義父たちはナニをしていたのか?
 
この山で硫黄を採掘していたんだって
 
 国内屈指の埋蔵量の硫黄鉱山
 として昭和4年に操業開始。
 高度成長期には産業の分野で需要 が高まり、鉱山労働者の給料は
 意外にも麓の街、須坂市の会社員 より良かったのだそうだ。
 

■大学の環境資源工学科ってところを卒業した義父が小串鉱山を経営する会社    「北海道硫黄」に就職したのは、けしてマタギになりたかったのでもなく、
  就職に失敗して山に篭ったわけでもないらしい。 
  当時としては「勝ち組」だったんだね、と今更知るバカ嫁こにゃくう。
       ※↑の画像は操業最盛期の小串鉱山。その前の画像がほぼ同じ場所からの撮影
 

  ■義母は義父と高校の同級生カップルだった。 
   山奥というか、山頂に就職したばかりの彼氏に口説かれて、若いのにまあ!
   こんな山奥に嫁に来ちゃったらしい。 惚れたら強いね 
 
 ※H氏の地図右手のクネクネ道はきれいに残っている。RV車なら行けるほど整備されている
 
 
 
 
 
■義母に尋ねた。
「当時は会社に定年まで勤めるシステムでしょ?下手したら、お母さんは一生この山の上で暮らすって、イヤじゃなかったの?」
 
「うん。ちっとも
冬は厳しいし、不便だけど自然の中で楽しかったよ。
天気のいい日は破風岳に登ったり。
綺麗な高山植物を眺めたり、山菜採ったりってけっこう好きだから」
 
なるほど 
今でも義父と仲良し夫婦なわけだね
 
 ※
 これが義母お気に入りの破風岳
          義父と同期の新入社員も東大生あり、京大生あり。慶応に早稲田・・・と
          有名大学の人ばかりだったそうな。
          まったく今じゃ考えられへんよ。  恐るべし、高度成長期。

    ■そんな硫黄採掘産業も永遠ではなかった。
      石油精製の途中で出る、回収硫黄って物体が新登場してしまい、
      山から苦労して採掘した硫黄の出る幕がなくなってしまった。
  昭和35年からだんだんと細り、昭和46年(1971年)には経営が立ち行かなくなり、       閉山になったというわけ。 
 
 

 
       長っ話に付き合ってくださった方、どうもありがとう!
 
    さあ、H氏の地図を頼りに、ようやく出発しますよ・・・っ
          てところで、続きは次回にしたい!
 
                ゴメン!!
                                                   【 つづく・・・だな 】
関連記事

20 Comments

There are no comments yet.
No title

masaka  

2010-11-26 18:01

いやあ、凄い!
まるでドラマだ。
続きが早く見たい。

EDIT  REPLY    
No title

W A X  

2010-11-26 18:20

↑ masaka様のおっしゃる通りです。
壮大なドラマっぽい!

それにしても写真にあるように、かなりの住宅が建っていたのに、ものの見事に「山」のみになっちゃったんですねぇ。
建てるのも大変だけど、壊して片付ける作業も大変だったんじゃないかしら??
「地域ふれあい~」の集合写真がとっても「昭和」していていい感じです。
それにしても、こにゃくうさんは行動力がありますなぁ~。

EDIT  REPLY    
No title

週末自遊人  

2010-11-26 22:13

ググ~~っと、入りこんで読んでしまった(笑)
なんか!村の役場の人もいい人ですね!
おもしろい企画の第三弾!!!待ってますよ~(^。^)。。。☆

EDIT  REPLY    
No title

fxx  

2010-11-27 00:00

これだけの規模の町がなくなるって凄い。
日本版マチュピチュか!?

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-11-27 21:57

masakaさん、こんな冗長な文…と思い、少々アップするのをためらいましたが、そう言っていただけてとても励みになります。
はい!つづき、がんばります。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-11-27 22:10

WAXさん、こんな山だらけの画像で味気ないかなあ、とも思ったですが、ドラマ性を感じてくださったら嬉しいです~。
探検が済んだあと、その足でH氏のお宅までお礼に行ったんですよ。
そのとき、ものの見事に山だけにしちゃった理由を聞かせていただきました。後に記事にてお話ししますね。
私も「廃材を山から下ろす作業だけでも大変だったろうに」と思いました。
写真がまあ、どれもこれも古ぼけてましょ?
昭和って遠くなったのね~って思いました。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-11-27 22:22

すーさん、読んでくれてありがとう!こんな長ばなしに時間を割いてくれて感謝です。
嬬恋村役場さん、親切でしょ?その後も「Hさんと連絡とれたそうですね。よかったです」なんて確認のメールが来たんですよ。
皆さんの協力あっての訪問でした。
また次の回に向けて、がんばります。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-11-27 22:25

fxxさん、日本版マチュピチュ!!いいですねー。ぴったり~。
遺構が残っていたら、いろんな人を惹きつけるいい観光資源になっていたかもしれませんね。

EDIT  REPLY    
No title

ぱんだ親父  

2010-11-28 00:17

またまた勉強になりました。。

EDIT  REPLY    
No title

すけさん  

2010-11-28 21:01

おお!!
さすがは村役場さん、なんて親切な対応。
そうそう、建物はなくなっても地形はかわらないもんね。
写真を見ると確かにしっかりとした街並みを形成していてびっくり。
なんか読んでいて涙がでそうになります。(マジでこういうルーツとかの話って弱いのだ)

そうか、ここにオットさんがパシリオットさんへと成長した秘密が隠されているのですね♪

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-11-29 16:13

パンダ親父さん、こんなに長くて説明だらけの文を読んでくださって、ありがたく思います。感謝です!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-11-29 16:24

すけさん、まったくの私的な御用なのに、わざわざ分かる人に繋いで下さって、ありがたいことでした。
私の祖父のルーツ探しのときも新宿区役所の人は江戸時代の古地図まで用意してくれたんですよ。
自分の勤める土地に興味を持つ人に協力を惜しまない。感謝です。
ふふふ・・・、厳寒の地が、ただのオットをパシリオットへと進化させたぜよ!

EDIT  REPLY    
No title

ensyu  

2010-12-01 21:56

ドキュメント番組ですね!
役場にまで連絡してって、ホンマにテレビ会社の下請けの製作会社みたいじゃないですか!!
こにゃくうさん、渾身のリポート楽しみにしとります。
しかし、景色がめちゃくちゃキレイですね。義母さんが、山の暮らしが嫌じゃないとおっしゃってるのがわかる気がします。(本当に住んでいたら、かなり過酷な生活だったとは思いますが)
次回も楽しみにしとりますぞ!

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-12-02 12:01

ensyuさん、はい!そう言っていただけましたら、張り切ってまた次を続けます。(なんとか年内に~^^)
この日は夏だったせいもあるけど天候に恵まれて、非常に美しい風景ですよね。
両親に聞くと風が強くて霧がすぐに出てきて、夏は短いし…ってな感じだったようで。過酷だったでしょうね。
ふふふ…。ドキュメンタリー制作下請け会社にこの企画を売ろうかしら?( ̄m ̄*)

EDIT  REPLY    
No title

mappi_999  

2010-12-02 15:16

家の両親もけっこう仲いいんですよ。
私の両親は社内結婚で母は寿退社して山に入ったんです。このときの暮らしと山を閉めざるを得なかったときの貧乏暮らし。それを乗り越えたってことが絆を強めたのかもなあ、なんて思います。

EDIT  REPLY    
No title

ヨシ  

2010-12-02 15:27

こにゃくうさん、はじめまして。
本当にNHKのドキュメンタリーのようで、次回が待ち遠しいです。
こちらは山崩れで大勢の犠牲者が出たところでもありますが、
今となってはすべてが幻の街です。
傑作ポチ&ファン登録させていただきました。よろしくです。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-12-03 13:00

mappiさん、義両親も夫婦ふたりだけがわかり合える苦労話であり、絆なんでしょうね。
今では笑い話チックに苦労ネタを披露してくれます。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-12-03 13:01

ヨシさん、ようこそいらっしゃいませ。
そんなふうに読んでいただけるなんて光栄です。なかなか画像の整理、資料の整理ができないのですが、第3話に向けてがんばります。
ポチをありがとうございました!

EDIT  REPLY    
No title

omansama  

2010-12-06 21:39

いや~!本当に凄い!

WAXさんが書かれているように、これだけ存在した建物の残骸が、全く残っていないのが気になりました。
何か理由があっての事のようですね。

TVのドキュメント番組だったら、とても面白い企画だと思いますよ^^

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2010-12-07 16:36

おまんさま、コンクリート製の建物もあったようでしたから、その残骸すらないのはどういう理由か、と・・・待て、次号!
・・・といったところでしょうか^^ いや、引っ張るほどの理由ではないのですが(笑)
ドキュメントになりそうですよね。実話ドラマのネタとしてもいけちゃうかな~?

EDIT  REPLY    

Leave a reply