Welcome to my blog

国内おでかけ

震災1年にして思う【1】 猫砂を宅配するぞ

0 0
   大震災の影響で電力不足が懸念されていた
   昨年の夏のこと。
   その頃こにゃくうは旧宅の海老名市に住んでいた。
 

 
「ウチのばあさん猫ついに死んでしまったぁ。
がんばったんだけど21歳じゃ仕方ない」 
と、ご近所のおじいちゃんが
我が家に訪ねてきて言う。
 
おじいちゃんとこにゃくうは猫仲間。 
 「お悔み申し上げます…」
 

「あの子のために買い置きした猫砂がいっぱい残っちまった。
お宅の吟次郎くんに
使ってもらえないだろうか?」
 
 おじいちゃんちの猫ちゃんの
 形見分け。
 
 ありがたくいただいた猫砂。
 12袋も!
 
          吟次郎よ、この猫砂にはきっと長生きのご利益があるよ。
                   使ってごら~ん。
 

   掻き心地悪~い! 
いつもの砂じゃないと出せないニャン!
 
拒否られた。
 どうしよう、12袋の大量猫砂。
 
    3月11日以来、被災地の報道が気になって仕方ないこにゃくうは
 
 そーだ、被災地の猫に使ってもらおう。
と、思い立つ。
 
      オットも 世界遺産に指定された平泉に行ってみたい 
というので
 急遽、東北行き決定。
        

  猫砂を一方的に送りつけても、
ニーズに合わなきゃただの迷惑。
   被災地で迷子猫の保護活動をする団体にメールをして
 
「持ってきてくれるなら、ぜひ」
 
 とお返事いただいた岩手県大槌町で活動中のNGOをめざして
猫砂12袋を車に詰めて東北へ出発。
 
 2011年8月19日のことでした。
その2へ】
関連記事
国内旅行震災支援

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply