Welcome to my blog

国内おでかけ

震災1年にして思う【3】岩手県大槌町の動物レスキュー隊

0 0
 【その2よりつづき 】
 
         2011年8月。
         猫砂宅配・東北の旅。
 

         約束したペットレスキューNGOの大槌町事務所へ向かう。
           この団体は、ベースは関西なのだが、震災後3、4日で
     早々に現地入りして、被災者とペットを支えるためにずっと活動して来た。
                 震災一年後の今も活動中。
 

 「事務所」といってもオフィスがあるわけはなく、被災して誰も住めなくなった家屋を
     好意で提供してもらっているのだ、と民家から出てきたY氏が言う。
     たぶん30代の彼は、電気ガスも通らず、周囲から人が消えた民家で
      保護した犬猫と共に活動している。  (震災直後は4人体制。今は一人で)
 

そんな彼らに提供できるものが「猫砂だけ」とは。我ながら考えが浅かったな、と。
     もっと必要な物があったのではないかしら?申し訳ないことをした。
      民家を貸してくれた被災者の家主さんは、盛岡に住まわれている。
 「ご無事でよかったですね」 などと言う言葉もとってつけたようで上手く言えない。
 

      「家主さんは無事でしたが、同居していたご老人が亡くなられてます」
      とてもじゃないけど、カメラを向ける気にならなかったので
            NGOの事務所の画像はありません。

        ※ 震災一年を前にした2月、その民家は取り壊されたそうです。
                NGOのHPにそのお話しが記事になっています。


 「まだまだ徘徊している犬や猫はいっぱいいますよ。山の中にどれだけいるか…。
           あとは、震災後に敢えて棄てられたと思われるペットもいて」
         話を聞けば聞くほど、頭が下がる思いがする。
  「ごめんなさい、月並みな・・・がんばってください、なんて言葉しか言えなくて」
              こにゃくうは無口になるばかりだ。
 
              

      届けた猫砂を使ってもらえたら、ご近所猫ちゃんの供養になります。
 
  それにしても・・・
  宮古市から南下して、山田町。そして大槌町と来たが
  この大槌町の被害はさらにひどい。
  波の具合、地形の違い? ここは火が出て、何日も火災が消えなかったと。
      町役場の画像。(上)大槌町長さんもここで命を落とされたんだ。
 

          避難所があった城山から大槌町を見おろす。
        この平野が燃えていたこと。 逃げ延びた多くの人が
      この広いわけではない敷地で震災後5か月を過ごされたこと。
                  身が震える思いがする。 
                                  【 その4へ 】
 
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply