Welcome to my blog

国内おでかけ

震災1年にして思う【最終回】 南三陸・石巻

0 0
前の記事よりつづき】
 
  被災地猫砂宅配の旅。
 

        南三陸町の写真は撮れません。 カメラを向けられない。
                 これで精いっぱい。 
     360度見渡しても建造物がナイ!異常な状況を覚えていたくて、
                  少しだけ撮りました。
           遠くに見えるのが 南三陸町の町役場。
 

   絨毯爆撃に遭ったどこかの戦地のような・・・
   左端の建物は病院だったと思う。
   私の足元に「胃ろう用のバッグ」が落ちていた。 (これもガレキと呼ばれてしまうのか)
 コレを使っていた人は無事だったろうか?動けないから胃ろうしていたんだろうし。
   どこかの誰かさんの名残も「がれき」って呼ぶのは何か…納得できないや。
 
 

        便宜上「がれき」と呼ぶとして、このがれきたちの様子。
  1年経った3月11日のニュースを見ても、私が見た状況から大きく変わってない。
  受け入れ反対してたら、被災地は永遠にこうなんだから、受け入れようよ。
                 ・・・と、私は思うよ。
 
 

      そんな南三陸町も、ほんの少し山際を登ると、水田が青々と。
                 高台。 無事なんだね。 
 「高台移転」も侃々諤々だけど、高いところは何事もなかったように平和なんだ。
              ある一定のポイントから急に変わるんだ。
 
 

 石巻に入る。 
 奥の建物は門脇小学校。 津波に襲われ、火災も来たと焦げた壁が言っている。
 一段高い場所にある高校の方は無事なんだ。 学校は高台であるべきかと。
     (生徒は裏山に逃げて全員無事だったけど、避難してきた住民の方が犠牲になられたと)
 
 

    震災9日後におばあちゃんと孫の少年が救出されたのは、たしかこの町。
       惨い状況ばかりの中、心から喝采のニュースだったなあ。
 
 

            こにゃくうとオットは今年も東北に行こうと思う。
               特に、岩手・宮城・福島を意識して。
                    東北大好きだから。
      今度は猫砂だけでなく、もっと気の利いた物を持っていくべし。
 
            ついでにじゃんじゃかお金をつかってくるから。
                   (いや、そんなに持ってないだろ)
 
                                             【 おしまい 】
 
 
 
 
 
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply