Welcome to my blog

東京のうまいもん

ヌーベル・エールうましっ★東京丸の内

6 0
 【2019年7月追記】
ヌーベルエールは現在、新丸ビルから撤退し
代官山に移転て
「レクテ」として営業中です-追記以上-】

2012年3月29日
 
■東京丸の内。
東京駅前の新丸ビル。
 
ランチタイムになると
周辺勤務の会社員
観光で東京駅に来た人
…などなどで
各店前は席待ちの状態になる。 
 
そして
ヒマ主婦2人連れもいたりする。
 

   ■ヒマ主婦どもの目指す店はコチラヌーベルエール
  他の店は客待ち列が形成されているけど、
この店前だけはシーン。。。
人気店で予約ナシではまず無理なんだそーだ。
 

 ■「ヌーベルエール」 
ホントはオー・グー・ドゥ・ジュール・ヌーベルエールっつー
   寿限無バリの店名らしい。 
なげーよ w
 

  ■ヒマ主婦ランチにつきあってくれるのは
当ブログでは毎度お馴染み、
   高校時代以来の友、M美だ。 
一部のブログゲストさんに
「上品だ」と
好評を得ているM美に
今日も店選びから予約から全部段どっていただくw
アリガトウ、M美!!
 
      ランチコースは・・・
  3800円 6500円 
そして昼からそれなナイだろー,
10000円の3コース。
  我らは3800円にしました。
謙虚です。
てか6500円はもし外したらイタイから。

    ■オードブルからして驚かしてくれます。
 デザートじゃないんで、コレ。
 右:そば粉のクレープ生ハム巻 
中:ほうれん草のシフォンケーキ 
(むろん甘くない)
   それを左のホイップクリームでいただく。
 (これも甘くなくてスモークの香りがウマイ)
 
 

 ■「M美!この店アタリだよ~」 
「ウン!バターも塩のつぶが乗ってておいしいネ」
 

                ■こにゃくうチョイス。 
   「しっとりと火入れした富士むね肉 
桜香るジュレとフレッシュ野菜と共に」
           長いっ!         
 
    でも美味かったからオケー
 ( ^ー゚)b 
  ジュレが桜味
 コレ家では出来ない味。 
外食の醍醐味ここにアリ。
 
 
   ■春キャベツのスープ  
泡々が乗ってます。
    M美! これもうまいよ~
 ヽ(T∇T)ノ
 
 

     ■メインはふたりともコチラ。 
  「65℃のオリーブオイルで30時間コンフィした牛ほほ肉」
 
  長っ (←もうわかったから)
 
     肉は当然ほっこり柔やわ~。 
左の添え物がまあ♪ケーキのような。
   でもケーキぢゃないの。 
中は胡麻味のクリームがこってり&野菜たち。
 
  食材の組み合わせと加工が斬新で、どの皿にも驚きだ。
            

■デザートは 
  「パッションフルーツとオレンジのクレームブリュレ トンカ風味のアイスクリーム」
トンカってなんですかね?
 
     奥のM美チョイスは 
  「ティラミス 軽さと新しさの表現 砕いたサブレイタリアンと粉末のドモリと共に」
 ドモリってなんですかね?
 
     「あーあ、トンカとドモリね。アレよー」と即答できる方がいらしたら
こにゃくうは尊敬しますよ。
 

      ■お茶と共にちっこい焼き菓子が登場してランチ\3800は終了。
      サービス料は込みなのでこの内容とこのレベルならお得だ。
 リピだわ、リピよ!
  ディナーに来たい! 
もちろんオットの支払いでっ
 

  ■サービスに抜かりがない。 
  サーブのタイミング良すぎなので
この窓から我々を見ているに違えねえ、
  という意見で一致するこにゃくうとM美。
  しゃべくってばっかりで
ちっとも食べ進まない主婦でゴメンナサイ。
 

  ■店内は席数が多くない。
 予約でいっぱいになるわけだ。
   只今改装中の東京駅が正面に見える。
   明治チックな威風堂々たる駅舎が再現されてステキだ。
   夜はライトアップしてるだろうから
   ぜひ窓際でうっとりするが良いと思うよ。


 
関連記事
レストラン都内レストランフレンチ

6 Comments

There are no comments yet.
No title

ensyu  

2012-04-12 23:36

むむむ。
無条件にこーいうメニュー名聞いただけで、
「これは美味しいに違いない」と思ってしまいますわ(^^;
オリーブオイルも65℃じゃなきゃダメんでしょうね~^^
こーいうオサレ過ぎる店に久しく行ってないなぁ~
こんな時に女子と付き合ってないのはイタイ><と思ってしまいますわ(^^;

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2012-04-13 09:44

ensyuさん、ええ。65℃キッカリでお願いします。67でも62でもないんでしょーね、きっと(笑)
30時間もどーするんでしょうね?シロウトの家庭料理ではできないテクなんでしょー。

>こーいうオサレ過ぎる店に久しく行ってないなぁ~
いえ!男子2名でも男子おひとりさまでもアリだと思います(^o^)

EDIT  REPLY    
No title

W A X  

2012-04-13 12:22

どーにも舌を噛んでしまいそうなネーミングが多くて、聞いただけではどんなお料理なのか?
想像もできない自分がそこにはおります。(笑)
しょっぱなからデザートか!?? と思わせるビジュアルでスタートしたんですね。
3800円でこんなに楽しめるなら、是非今度はオット様のおごりで一番高いコースを堪能なさってみて下さい!
「ドモリ」って・・・。
スミマセン。言葉がなかなかでてこない「吃り」しかご存知ありませんですぅ・・・。(苦笑)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2012-04-14 06:32

WAXさん、M美も「長すぎて、読んでも素材が何の料理なんだか掴めない」と言ってました。ほんと。長いわー。
量が少ないかな?と思ったけど、3800円で充分満腹になりました。お得です。
「ドモリ」私もそっちのドモリしか知らんですw
あとは毎日お昼にテレビで司会やってる人。
あ、タモリか。

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2012-04-22 16:45

ふむふむ、このお店は知りませんでしたが、記事を拝見するに、そのレベルの高さが伺えます。
温度や時間にこだわって手間のかけた分は、味に反映されるでしょうから。。。
手持ちのZAGAT2012で確認してみると、なるほど、かなりの高評価です。
・・・にしてもM美嬢、お店のセレクトはハズさないですね~♪^^

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2012-04-28 00:43

なべさくさん、M美におんぶにだっこだったので、知らなかったのですがミシュラン一つ星店なのでした。
Zagatにも載ってたんですかー。知らなかったわぁ。
M美は有難いお友達です♪

このお店の料理はとっても手間がかかっているご様子でした。
家庭料理では絶対できない繊細なテクニックに
お金を払うのはこういう料理だな、と再確認しました。

EDIT  REPLY    

Leave a reply