Welcome to my blog

10年フランス

日仏観光地、徹底比較!★モンサンミッシェルに京都三寧坂をみる

6 0
  誰もが忘却、フランス旅行記。
 
 前記事にいただいたコメント。
 
 じゅんじさん 「超大河連載はまだまだ続くのね」
 こにゃくう   「謂わば、NHKの坂の上の雲状態です」
 
 
 すけさん  「そうだ、フランス記事なんだね。わ、わ、忘れてなんかないからね」
 こにゃくう  「わ、わ、わすれさせないんだからねっ」
              唐突につづきがはじまる。
 
 2010年8月8日
 

フランス屈指の人気観光地
モンサンミッシェル。
 
修道院なんである。
始まりは8世紀。
海の小島に、むりくり建てた。
 
今は陸続きになっちゃってるが
19世紀までは干潮時にしか行けなかった。
その神秘さ加減が魅力の世界遺産。
 
          

           ■エントランスは、まるで中世の古城のよう。
       いったい、島まるごと修道院の中はどうなってるんでしょう?
 
 
                   こんなんなってます。
 
 

      ■本丸・・・じゃなかった、修道院入口まではダラダラな石畳の坂。
           狭い参道の両サイドはみっちりと店舗が連なる。
 
                  Hotelの看板がありますね。 
       昔は巡礼者を泊めてたんだろう。今は世界中の観光客が泊まる。
 

 
■奥地に行くと、どんどん増える観光客。
狭い参道に、おみやげ屋まで軒を連ねる。
 

 
 
なんか、似ている。
 
ココに。
 
 

■たとえば、京都の三寧坂。
狭い参道。行き交う大量の観光客。
人々は引き寄せられるように
山頂の聖地を目指す (この画像の場合、清水寺ね)
 
                                  ※フリー画像kyokofotoさんから頂戴しました
 

 
モンサンでさらに発見。
 
 

■パクリですか? パクリじゃないんですか? ( ̄m ̄*)
旅行に行ってまで こーいう、しょーもないモノを買いたがるのは
日本の子供(exムスメ)だけじゃないんですね?
 

■おしゃれなおみやげ屋さんだ。
だがしかし、ショボイもんがゴロゴロ並んでいて嬉しくなる。
右画像は、くだらないモンサンミッシェルの置物を熱心に欲しがってるフランス少年。
後悔するから、そんなもん買うな!
ジャポンのおばちゃんの実家にも、そっくりな東京タワーがあるんだよ。
今じゃ、ただのゴミだよ。
 
 
あ~。
おフランスにもあるんだー!
 
コレ!
 
 

■だがしかし、そこはフランス。
日本の観光地みたいに、顔つっこんでマヌケな写真で笑いをとる・・・
とは、ちょいと違うよーな ヽ(^m^*)
 

 
さて、日本同様
名物にウマいモノなし
やら
観光地価格●ッタクリ 
もぬかりなく。
 

■コチラ、前記事で触れた、モンサンミッシェルを代表するオムレツ屋の元祖
ラ・メール プラール
 
ここ、ノルマンディー地方は寒冷地で食物も手に入りにくい。
昔々、やってくる大量の巡礼者に素早くかつ栄養価の高い食事として
プラールおばさんが提供するオムレツが
大人気を博したそうな。

■お値段、こんなん。
左画像の€49 のは、前菜と主菜。 今日のレートで€1=106円ですわ。
5194円 (^◇^ ;)
 
右画像は「プチグルメ」だから、小ポーションなんでしょーかネ?
これだと €15で 旅行先のお昼ごはんに許せるかな。
 

■このおっちゃんの心の叫びを代返してみた。
そう思うのは万国共通だろう。
 
高いだけでなく、お味の方も中世だ!と、もっぱらの評判 L(・o・)」
(塩味しない、スッカスカな味だそーな)
 

■左画像の3人連れ。 店内でお食事中のお客を撮影していたw
「わー。食べてる人いるしっ」「マジ高くね?」「ありえない!」
・・・フランス語だけど、絶対そう言ってた。 たしかに、うん。(笑)
 
ここのメニューは日本語併記だし、
日本人は大お得意様なんだろう。
しかも
東京丸の内に支店を出したぞ、プラール! 
 
 
スッカスカなのか否か?
勇気を出して食べに行ってみようか・・・
 う~ん・・・ (-_-)ゞ゛
 
 
 

■プラールおばちゃんの商人魂はオムレツだけで納まらない。
クッキー屋も別棟で経営中。
外国には珍しく、小サイズのクッキー。
これはアレだ! 日本人特有の「バラまき土産サイズ」だ。
どこまで日本人の心に寄り添うのか、プラール!
 

 
■しかも!
店員のこの2名は
日本語で案内をする。
 
「ゴシショク、イカガデスカ」
「オカイケイハ オムカイノミセニナリマス」
 
実になめらかだ。
 
試食って、外国では画期的だろー。
 
しかしこのお二人、
教わったフレーズしかしゃべれないようで、調子こいて日本語でアレコレ聞いたら「??」でした^^;
 
でも努力は大いに買いますよ。
 
 

 
 
 
■プラールおばちゃんの狙い通り
店内は日本人で溢れかえる。
 
 
 
フランスに来たのに
まるで京都の清水坂あたりで
八ッ橋屋にでも寄ってる気分にw
 
 
 
(たまたま、関西発のツアーの方と
いっしょになったのでした^^)
 
ちなみに、このプラールのクッキーは
日本の輸入食品店で売ってますわい
カルディとかで。
 
 

■こにゃくう、悪く言ってばかりいるかのように取れますね。
違うんですよ~。
褒めてますって。
ワタシ、こういう歴史ある雑多な雰囲気の空間って大好きなんです。
 
 

■すり減った石畳、古い宿屋。 1300年つづく表参道の賑わい。
 
 

■京都のろーじもかくや・・・の細っそい小道もステキ♪
ビッグなおばちゃんが小路に挟まるのを期待して撮影・・・そ、そんな邪悪じゃありませんよアタクシ^^;
 
 

■修道院に足を踏み入れる前に、1300年の観光に耐えたモンサンミッシェル参道が
たいへん気に入ったのでした。
 
                            【 つづく 
関連記事

6 Comments

There are no comments yet.
No title

ensyu  

2012-04-28 21:08

おお、フランスシリーズが再開ですな^^
モンサンミッシェルの中にお土産物屋さんなんかがあるんですか。
その島がひとつの街みたいなもんなんですかね~
しかし京都の比じゃないくらい観光客が多そうですね~
「名物にうまいものなし」はよく言ったもんですな(^^;

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2012-04-29 08:17

ensyuさん、フランス記事が冬眠から目覚めました^^

>その島がひとつの街みたいなもんなんですかね~
そうなんです。修道院を核とした城下町のようなスタイルになってます。
もう数軒になってしまったそうですが、ここを住所とする住民もいるんだそうです。

>京都の比じゃないくらい観光客が多そうですね~
京都と比べるなんてムチャな記事につきあってくださってありがとう!

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2012-08-25 08:25

いまさらのコメでスミマセン。。。(^^;
モンサンの内側って、初めて見しましたが、ナイスなガイド記事でよぉ~く分かりました^^
そうそう、この路地、どこかに似てるな~っと思ったら、京都でしたね。
お高いだけ?のレストランやしょぼい(笑)お土産も、これはこれで興味深いです。
にしても、石畳のこの街並み、やはり魅力的ですね。。。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2012-08-27 06:46

なべさくさん、>いまさらのコメでスミマセン。。。(^^;
いえいえ!読んでいただいてうれしいです。

観光地ならではの事象は日本も西洋も変わらないよーです。
そして、世界遺産級となると、石畳も積み上げた石の壁もまあ♪ステキ!な点も京都級です。
あ、そういえば…京都は794年遷都、モンサンも700年くらいに坊さんが夢のお告げで造りだしたそうだから、8世紀という括りでは一緒ですわ。

EDIT  REPLY    
No title

mihi♪  

2014-05-13 09:30

素晴らしく分かりやすい楽しい記事で思わず、「そうそう」と、何度もつぶやいちゃいました(;^ω^)。(特に、おっちゃんの心の叫び)
京都に似てる場所があるんですね~。
行ってみたいな~。φ(..)メモメモ
私もトラバさせていただきました~^^。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2014-05-16 18:37

mihi♪さん、コメントをありがとーございます!
分かりやすかったですか?それもありがとうございます!
本家のオムレツ屋はお高いですねー。
覚悟して行くなら腹も立たないと思いますが
カフェのオムレツランチ程度の気分で頼んだらぶったまげますわねー。

>京都に似てる場所があるんですね~。

あ、いや、コレはワタクシの勝手な妄想なので、京都の人もモンサンミッシェルの人も口を揃えて「似てねーよ!」って怒りそうですww

トラバ返しをありがとうございましたー。

EDIT  REPLY    

Leave a reply