Welcome to my blog

東京のうまいもん

表参道うかい亭★ムスメの誕生日ディナー

6 0
2013年9月某日
 
こにゃくうムスメ、たんじょうび。(19歳)
9月生まれのオトメ座です。
ついでに乙女です。(たぶん)
 

「お誕生日ディナーのお店を決めて、予約しておいたよー」
毎度準備のよいオットよ、ごくろうさま。
 

お店の場所は、東京・表参道。
1階にシャネルが入っているビル。
その5階にレストランがある。
 
 

シャネルと並んでブルガリも出店するこのビル。
なんでだか、「ブルガリが入ってるビル」とは言うけど「シャネルが入ってるビル」とは
言わないのは私だけ?
(この数日後にこのブルガリは閉店していたんだけどもww)
 

ま、ブルガリもシャネルもこにゃくうには興味のない店なので(どーでも)いいわ(゚ρ゚)
しかし!食べる系のお店には異常に執着するこにゃくうです。
オットがムスメの為に選んだお店はココ、「表参道うかい亭」 でした。
 
入店すると、まずウエイティングのエリアに通される流れは横浜うかい亭と同様。
(当ブログ内に於けるうかい亭の記事の数々 
 
 )
 

ダイニングは馬蹄型のカウンターに、お客さま全員で一列に横並びするスタイル。
隣のお客様の様子も丸わかりです。
(ちなみに「同伴・・・?」みたいなご様子のお二人連れが散見の晩でした(゚∀゚))
 

プライバシーを気にしなくてヨイ横浜うかい亭の方に軍配が上がりそうですが
表参道うかいのウリはこの眺望でしょう。
「条例で高層の建築物が建てられないエリアなので、神宮球場スワローズ戦の花火もよーく見えるのです」(お店の方)
 

ま、横浜うかいの方は、他所の方が行ったら「これのどこが横浜なの?!」ってひとこと言いたくなるようなロケーションにありますから、ネw
ささ、生ビールでカンパイして、前菜をいただきましょう!
 

ヤリ烏賊と雲丹のジュレ。 下に温泉卵。 で、ジュレがけしてあります。
 

オマール海老。 ソースは甘エビの殻で作られたアメリケーヌソース。
うまいよ。 王道のうまさだよ。
 

かぼちゃの冷製スープ。 例によって、ぶれまくった残念な画像でお送りいたします。
「熟したかぼちゃを、更に天日干しし、完熟した後に冷製スープに仕上げました」 ・・・って。
 

鉄板で焼かれる魚介登場。
「本日はマナガツオと京都の長茄子でございます」
 

関東では馴染みがないマナガツオ。 西の方では高級魚として人気ありますネ。
わーい!おいしく焼いてくださーい♪
 
 

大葉のソースのグリーンが鮮やか! まだまだ暑い9月ですから爽やかな色どり。
ふっくら焼きあがったマナガツオと長茄子を岩塩でいただき!
 

本日選んだワインはコチラ。
どんなワインか・・・? 知らん。わたしゃ知らんw テキトーに選んだんで^^
アルザスのマルセル・ダイス リース二ング。 お手頃ワインも用意してくれてます。
 
 

真打登場~♪
ポン酢とゴマダレが添えられるのだけど、いつもいつもこのまま口に放り込むのを
選んでしまいます。 そのままでも十分オイシイものだから・・・
 

私、こにゃくうとムスメはココ、表参道店は初めてなのですが
オットは以前、接待でご招待されたことがあるそうな。
「鮑の岩塩蒸しが出て、フォアグラのローストが出て・・・ってコースを頂いたんだけどさー、正直自分には重かったんだよねー。肝心のお肉に至ったら嬉しさが半減しちゃってさー」
 

うん。わかる、わかるよ、オット。
こにゃくうもキミも、今日のコースくらいでちょうどいいお年頃なのかしら。
〆のガーリックライスと赤だし味噌汁をいただいて、心からほっこり満足 (* ̄¬ ̄)
(本日いただいたのは \12600のうかい亭コース)
 

デザートタイムは鉄板コーナーを離れて、コチラのサロンでいただきます。
 

デザートメニュー。 さあ、ナニにするか・・・
なるべく軽いもので済ませたいお腹の具合だぞ。
 

こにゃくうチョイス。
マンゴーパフェ。 これならまだ食べられるゾ。
「自家製マンゴーソルベ・ムースをパッションフルーツと共にトロピカルに仕上げた、生クリームは使わないフレッシュなパフェ」・・・って長げーよ!
でもウマいよ!
 

紅茶のシフォンケーキを選んだムスメには
お誕生日のちょっとした気配りつき。
深紅のバラも一輪、プレゼントしてくれましたよ。
 

そしてまた、ミニャルディーズのワゴンをごろごろ押した女性が近づいてきて
「お好きなものをどーぞ」と勧めてくれる。
スイーツ好きの女性ならば、たまらない局面だろう。
 

一応、遠慮気味に選んだつもり。(左:こにゃくう 右:ムスメ)
が!このマカロンとミントのマシュマロが非常にウマイ!
スイーツ嫌いなワタシが、心の奥で「チッ!もっと貰えばよかった」と舌打ちした逸品
 
ごちそうさま。
ムスメの誕生日お祝いなのに、なんだか妻のワタシが大喜びのディナーとなってしまったが^^;
まあ、我が家の場合それはいつものことだw
やがてムスメが20歳になって、ワインをいっしょに傾けられるようになる誕生日には、さて、どこのお店にしようかしら・・・?
 
関連記事

6 Comments

There are no comments yet.
No title

W A X  

2013-10-19 13:24

ムスメ様、お誕生日おめでとうございました。
今更ながらこんなに豪勢なお料理の中ムスメ様だけはアルコールが頂けない身分なのかと・・ww
早く二十歳になって料理代金よりもアルコール代金の方が幅をとって大変!? というこにゃくうさんのプログ記事を読みたいものです。(笑)
お二人の子供で「下戸」って事はまずないでしょうから。
(家の長男の飲めなさには正直ヒキまくりの私・・)

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2013-10-20 12:27

WAXさん、>料理代金よりもアルコール代金の方が幅をとって大変!? というこにゃくうさんのプログ記事を読みたいものです。(笑)

(^.^; オホホ…
我が家の場合、間違いなくその流れになりますね!
まるっとお見通しされちゃいましたww

ムスメはある意味、サラブレッドです。
オット。親族全員、みごとに呑み助揃いです。
こにゃくう親戚一門の集いはスゴイです。
実家父の法事を横浜の料亭で執り行った時、支配人に「お昼の宴席でこんなにお酒を召し上がった席は久しぶりです」と仰天された一族です。

その末端にムスメが君臨しています。
末恐ろしいデス。

長男君には、まだおさんを鍛えたWAXさんのようにアルコールを鍛えてくれる彼女がいるとヨイですね!
素養は十分ある!と思いますよ^^

EDIT  REPLY    
No title

ensyu  

2013-11-03 22:08

才女であるご息女のお誕生日だったのですね、おめでとうございます^^

過去記事を読むと、うかい亭はこにゃくう家と共にある、って感じですね^^
僕も行ってみたいなぁ~、でも僕にはゴージャス過ぎますね~
どれもこれも絶品なお料理と思いますが、最後に赤だしが供されるのはほんとにウレシイですね^^
デザートの名前が火曜サスペンス劇場か土曜ワイド劇場なみのネーミングになっとりますな^^その分、お味への期待も高まるというもんです^^

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2013-11-04 12:54

うかい亭、かなり昔にランチで行って以来、こにゃくうさんの過去記事で触発されるも、いまだディナーにいけてません。(><)
表参道のお店もなかなかステキそうですね。
八王子と表参道では、ショバ代がかなり違うと思いますが、料理の内容やコスパ的な差を感じられましたか?

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2013-11-08 01:37

ensyuさん、ムスメにお祝いのお言葉ありがとうございます。
なんだかんだいって、いつもいつもうかい亭で誕生日食事をやってますね、ウチ!
普段使いは出来ないお値段だけど、記念の日にはちょうどよい感じの店なんです。
ヨコハマの店はファミリーやデート中カップルが多いのですが、表参道店は場所柄、ビジネス絡みの利用客が多いかもしれません。
この日は男性同士のお客様もいらっしゃったですね。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2013-11-08 02:05

なべさくさん、横浜うかい亭と表参道うかい亭に差が…ありますネ^^
横浜店はコースのスタート価格がもうちょい安い値段から始まります。

食後の印象や満足感はそう変わらなかったのですが、やはり表参道の方がお高い設定になっていると思います。
割高感は少しあるかも~。

そういえば…お店の人に伺ったところ、各店ごとに独立してメニュー構成等をそれぞれで決めているのだと仰ってましたわ。
似ているけど微妙に違うのだそーです。

横浜店までは遠いので、交通費と所要時間を考えるとこれからは表参道店か銀座店になりそうです

EDIT  REPLY    

Leave a reply