Welcome to my blog

京都

寂光院★京都/大原

4 0
前の記事よりつづき 】
 
2014年4月13日(日)
 
京都。
大原の寂光院なんである。
 

京都の大原といったら三千院とここ、寂光院が2大人気スポットなわけで。
開門と同時に入山したので人も少ない、そして静か。
今日は、健礼門院徳子の尼寺をしみじみと徘徊できる好機だ。
 
 

さて、
今から14年前、2000年5月のある朝の事だ。
こにゃくうは、朝刊を開いて「!!」と息をのんだ。
 

『寂光院 本堂 放火で全焼』 という新聞記事が載っていたからだ。
曰く・・・
・深夜2:35頃、寂光院本堂から出火、本堂は全焼。
・本堂内の国の重要文化財の本尊と健礼門院像・阿波野内侍像も消失。
 
 

京都マニアなこにゃくうにとって、14年前のこの事件は衝撃だった。
けが人はなかったものの、
『 火の回りの速さなどから、犯人は灯油などを撒いて放火、一気に燃えあがったと見られる』
の一文には絶句したあの朝のワタシだ。 
まったく・・・なんて事をしてくれたんだよ。
ちなみに犯人は未だ捕まらず、未解決。
2007年5月には時効を迎えている。
 
 

そんな放火事件後5年で復興した寂光院。(スゲー!さすが人気寺院)
復興後の初めての参拝になります、ワタクシ。
撮影不可なので画像は無いですが、御本尊も健礼門院像も立派に再建。
ああ、鎌倉時代のオリジナルも最初はこんなにもあでやかだったのねー、と極彩色の新像を拝みました。
 
 

寂光院の敷地に隣接する場所に健礼門院の陵墓があり、お参りしました。
をー。立派な陵墓。
そりゃそうだね、現役天皇の母であり先代天皇の妃だったんだもんな。
陵墓のエリアだけが「宮内庁管轄」になっていた(ややこしい事情がありそう…)
 
 

より美しく再興された寂光院が見られてヨカッタわー。
オットはオットで、まったく古典や歴史に興味のない人生を送ってきたしとなので
「へー!へ~!」とすべてが新鮮だったようです。
ヨカッタネ。
 
 

静かで人が少ないし、春の早朝の大原はイイ感じの田舎の風情でたのしいねえ、とオット。
うん、秋の大原はスゲー人よ。 
今は春だけど、昼に向けて人が増えるだろうね。
ささ、混む前に次のポイントに行こう・・・
 

大原の2大スポット、西の横綱が寂光院とすれば、東の横綱は三千院。
 
 

「あ~、ダメだー。まだあんまり開花してなーい」ということで、
お金払う前の生垣の桜を眺めて終了。
ココから見るだけならタダや~。
三千院はスルーということで(笑)
桜を求めて大原に来たのだけど、全域満開とはいかなかったデス。
じゃ、大原の次のスポット行きます。
つづく:音無の滝へ】
 

門から覗いて咲いてないからってスルーかニャ
母ちゃんケチくさいんだニャ


関連記事
国内旅行京都

4 Comments

There are no comments yet.
No title

ensyu  

2014-06-13 21:18

最近、滋賀の「比良山荘」に行く機会が多いのですが、その帰りに大原に寄ってます。
寺に興味を持ちだす前に放火されてたので、新しい寂光院しか知りません。
何の意味があって放火なんかしたんすかねー、許せませんね~
このへん、温泉もありますよね。
ちょっと入ってみたいと思とります^^

EDIT  REPLY    
No title

なべさく  

2014-06-16 08:26

三千院も寂光院も行ったことないですが、なんともステキな所ですね。
火災により再建とありますが、正門は昔のままなんでしょうか?
年代を積み重ねたような、イニシエを感じますが。。。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2014-06-17 17:54

ensyuさんの記事で知ったあの比良山荘ってステキでいいなあ、と思っています。
いつか行ってみたい料理旅館のひとつです!
367の街道筋ですもんね。帰りに大原に寄ることができますね。

なんで放火したんでしょうね。
当時の記事に寄ると、その7年前にも三千院に時限発火装置が仕掛けられたことがあったそうで。
犯人像も絞り込めぬまま、時効になったそうです。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2014-06-17 18:05

なべさくさん、京都の中心部からバスで一時間くらいなのですが、鄙びた里の感じが残っていて、大原は独特な地域です。

寂光院のこの門はいい感じでしょー?

放火事件でこの門は燃えてないのですが、山門は古いものではないと思います。
当時の様式を忠実に再建したんだと思います。
色具合もすてきだし、菊の御紋の幕が映えますね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply