Welcome to my blog

広島

あなごめし・ふじたや★宮島名物食べました

2 0
前の記事よりつづき 】

2014年9月27日(土)

弥山から徒歩で下山開始。
弥山山頂から1時間半ほどで
再び、宮島の町中に近づく。

あ!ココだー。


あなごめし ふじたや(食べログ:コチラ
「宮島に行ったら穴子丼を食べたいのだけど」
と相談したら
「私はふじたや推し!」と即答されたので
そのアドバイスに乗っかって来てみました。



おみやげやさんや飲食店が林立するエリアではなく
フツーの住宅地の中にあるんだなー。
人気店のようで、入口に置かれた客待ち表に名前を書いて待つシステムです。
すでに3組待ち。



15分程待った後、順番が来て
4人掛けテーブル席に案内してもらえました。
清楚な印象の店の外観でしたが
店内もムダがなくて好感持てる内装だと思いました。



メニューもムダがない(笑)
あなごめし 2300円 一本勝負w
「え~。コレしかないんだー」
とかヌカす失礼なこにゃくうみたいな客はお呼びじゃないシンプルさ。



あなごめし3人分が到着するまで
瓶ビールを飲みつつ、あなご肝(700円)をつまんで
よい子で待ちます。

ハイ、あなごめし登場!


お吸い物とちょこっとお漬物つきでやってきました。
ぎゃー!
おいしい!!



能書きタレません、ワタクシ!
素直に「オイシーイ!」と第一声が出ました。
オットもムスメも「うまいじゃん、コレ!」
教えてくれたAさんに感謝。





タレの味具合、焼いた香ばしさ。
締った身の食感。
噛み締めるたびに旨味がほとばしり出て、
それが白米とお口の中でダンスする。
鰻とは違う良さがある食品なんですね。

ワタクシ、あなご丼というモノを初食べだったので、
他店と比較することができないですし
宮島には他にもおいしいお店があるのでしょうけれど、
ふじたやさんは正解でした。
忘れられない一食になりました。



一杯のあなご丼が2300円!でも
メニューがシンプルでも
混雑時に2名以下で来店し、カウンターがいっぱいの場合
自動的に相席にされちゃうシステムでも
お店の方がちょっぴり恐かったりしても
(たぶん忙しいんだろうと思うことにした)
カード支払いが不可でも



宮島名物あなごめし(穴子丼)を食べる店としては
ふじたやさんは「あそこオイシイよ!」と
おススメできる店だとおもいました。

つづく
関連記事
和食国内旅行広島

2 Comments

There are no comments yet.
No title

ensyu  

2015-03-26 21:40

私が行った頃は食べログもなく、地元の人のおススメのお店に行きましたが、このお店もめちゃくちゃ美味しそうですなぁ~

メニューの画像見て、”オレやったら、まず「穴子肝」やな”と思ってたら、こにゃくうさんも食べられていてヨカッタです^^

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2015-04-03 21:48

> ensyuさん
ワタクシ、今ではどこへ旅するにもいちおうネット検索なんぞしてしまい…
地元の人に訊いて大当たりだったりする方がうーんと楽しい思い出になりますし、それが旅の理想形ですね。

あはは!
メイン待ちの間のつなぎにビール&穴子肝・・・やっぱ、選んじゃいます?(笑)
このお店の穴子めしは美味で、今でもお口に反芻できるほどインパクト大でしたー。
ただ、繁盛店すぎてお店の人に余裕が無さそうだったのがもったいなかったです。

EDIT  REPLY    

Leave a reply