Welcome to my blog

長野の温泉

里武士タップルーム★英国人が造る!野沢温泉のクラフトビール

2 0
前の記事よりつづき 】

2015年2月26日

野沢温泉にスキー&温泉の旅に来てます。


今回宿泊した旅館・さかやの担当仲居・しずちゃんが教えてくれた。
「当旅館の前にナゾのビールBARがあります。
看板は出ていません。
英国人男性がビールを造って飲ませてくれます。
客のほとんどが外国人観光客です。」

コレが昼(閉店時)の姿

右側の木造盾格子がその店。
「里武士タップルーム」 HP→ 
 )
ほんとだー!
看板が無いから
知らなきゃスルーだわ^^

で、夜(営業時)の姿


入りにくさは変わらない(笑)



夜、開店時に掲げられる
この小さな黒板が唯一の頼り^^



店内覗き見。
ほんとだー。
日本人含有率低そうだー。



こんばんわっ。
こんなオシャレなBARに
浴衣&丹前
下駄ひっかけて来ました、旅館の客ですよw

カウンターに8人程が寄りついて
立ちのみする、英国のパブのようなスタイル。


オットが「野沢サワーエール」をオーダー。
(英国の)ハーフパイントサイズで650円。
「私も!」と言ったら
「コレ、すっぱくて個性的なので同じの2杯じゃない方がいいかもしれません」
親切なアドバイスありがとう^^



では、ワタクシは「大湯ウィート」で。
同じく650円。


イイ感じに濁って、酵母感じます♪
左のトールグラスが「大湯ウィート」
壁にある、タップから注いでました。
右が「野沢サワーエール」
こちらはCask。
樽に繋がったハンドポンプから注ぎます。



ツマミ系もちょこっとあります。


ひよこ豆ディップとクラッカー 600円
旅館・さかやのお夕食をたんまりいただいたのに
また食べてる(笑)
味は
まあ、フツウ?


この店、里武士(りぶし)は
英国人男性、リブシーさんが日本人女性の奥様と運営されてる。
野沢が気に入って移住し
クラフトビールのブリューパブをここに開店したのが
2014年1月の事。


都内では、最近「クラフト・ビール」を売りにする店が
あちこちに出来ている。
酒飲みニストにはたいへん嬉しい事態なんである。
が、都内の店の多くはレストランスタイルだ。
ここ、里武士のように英国のどっかの村にあるパブ的な小規模さは
地方ならでは、かも。
外国人観光客が多い地だから成立してるのかもね。




「地ビールブームってあったよねー」
と思い出すワタクシ。
1994年の酒税法改正で日本の観光地のあちこちに
「地ビールレストラン」ができたんだ。
今でも生き残っているビール蔵はあるけど
ほとんどが
’高いくせに大して美味しくない観光地のビール’
で消滅して逝ったっけなー。


そんな時代に比べたら
日本人もこーいうビールに遭遇できるようになったんだー。
シアワセだなあ。
我らは、日常ではビールとは名ばかりの液体を
「ビール」と称して飲んでる悲しい日本人ですからw



野沢温泉に個性的なタップルームあり。
野沢温泉ランドマークの大湯すぐそば。
強力推薦いたします。

さて。
宿帰って寝よっと。



【 つづく 】

関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
No title

ensyu  

2015-12-23 20:48

おー、野沢温泉ってベタなイメージあるけど、こんなオサレなバーもあるんですね!
美味しい料理を旅館で食べた後に、サクッと楽しむのに最適ですね~浴衣で行くのも粋なもんですな^^

あたしゃ、もう金麦に飼い慣らされてしもて・・・ほんもんのビール飲みたいっす!^^

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2015-12-26 16:54

> ensyuさん

ウチも「ビール飲む?」「うん」という会話の中、やり取りされる缶は「金麦」です(笑)
ビールじゃないっつーのにね~^^
我が家では、金麦はビールですww

歴史ある温泉ですが、近年は海外のスキーヤーに人気で
他所の古い温泉街とはひと味違う空気感が街に漂ってます。
このBARのような存在が彩っているのかもしれません。

EDIT  REPLY    

Leave a reply