Welcome to my blog

東京のうまいもん

ラ・ボンバンス★西麻布・日本料理店

0 0
2016年4月某日

東京、港区西麻布の交差点から渋谷方面につづくダラダラ坂を上る。


『B』 とだけ控え目に示されたサインがあったら
そこが ラ・ボンバンス へのエントランス。



BARですか?・・・な、ステキな雰囲気。
いや、日本料理店です。
※↑の画像は、ワタクシのカメラではへっぽこなので
お店HPの画像をいただきました。



オットがこの春、お仕事場が移動になりましたので
今までがんばったね、新しいポジションでもがんばってね、の会をしようと。
オットに 「お好きなお店を選んで。このワタクシがご馳走しましょう!」
と申し上げたところ・・・



「西麻布に気になってた日本料理店がある~」 (オット)
と、言う。
いいわよ、そこ予約してちょーだい、と。
ついでに、ムスメにも
「パパの勤労を一緒にねぎらいたまえ」
と同席していただいた。



この店のメニューは、1万円おまかせコース一択。(+10%サ・8%税)
変わっているのがお品書き。
真っ当なのは 「若竹椀」 だけで
「お1+」
とか
「4胡座1074~↑」
ほとんど、判じ物状態で笑う^^



「葉'' 知''る車ー別途 は楽勝!バジル・シャーベットだよ」 (ムスメ)
などと、さすがお若い脳みそは反応が早いw
最初の生ビールを飲んでいたら現れたのが
「O343cake」 
(O157関係ないね、そうだね)



正解は
’お刺身ケーキ’
やだ!コレ、めちゃくちゃ美味しいんですけどっ。

帆立貝殻の上に乗せられたのは
炙り金目鯛、帆立貝、香ばしい桜えび。
蛤のクリームと新物若布の上にそれらが乗せられ
まとめるジュレの出汁加減が絶妙。




ひと皿目から「うんまーい!」と3人同時に歓喜に沸き
こりゃ、ビール飲んでる場合じゃな~い、と
ソッコーで日本酒オーダー。
活性の純米酒なのでスパークリングワイン的に楽しめる日本酒。
(たしか4500円くらいってメニューに載ってたかな?)



唯一捻ってないお品書きの 「若竹椀」 が2番手。
コレも期待できそう・・・



美しいイデタチ 
桜がまだ残っているこの日、
椀の中でも桜が舞う。
筍にアイナメと唐墨が添えられ、
蕗や若布など春の素材がまあ!ウレシイ♪
出汁の味は、しっかり目が好きなワタクシの好みにストライク。



3品目、『44 』  『お1+』の登場。
「中国語で4はスーですね。で、四が音読みで、だからスシです!」
とテーブル担当氏が解説。
あーあ、寿司なのねw


桜葉の塩漬けをめくると・・・
鯖の小袖寿司と今が旬のホタル烏賊軍艦巻。
この、肝で和えてあるらしき蛍烏賊が最上級に美味しく、
ひと口でパクッといってしまうのが惜しかったyo



『お1+』 はおひたし なのでした。
この判じ物、だんだん大将のセンスが読めてきたゾw
だが、しかし
奇を衒っているかに見せて
この三つ葉のおひたしも正統派の美味さ。
独活ほか、何か春の野草も細かく混ぜられており、
小さいながらも春いっぱい。



『4胡座1074~↑』
こと
’フォアグラと茄子の唐揚げ’



芳ばしく揚げられたフォアグラと茄子。
黒酢と擂り黒胡麻で作られたソースが感動的ですらある。



下部に白玉が仕込んであるのがイイ!



『葉''知''る車ー別途』
こと
’バジルシャーベット’



ソーサー部分とカップが、斜めで安定する器。
ソーサーとカップに磁石が仕込んであるんだって。
ハッとするデザインでステキだし、何より斜めだと食べやすいの。



3人三様のデザインで微妙に違う。
欲しいなー、この器。



味も個性的。
煮出して色素を抜いたトマトジュレは透明でバジルと一体となる。
さらに、ペタセタクリスピーという食材を忍ばせてあるので
口に入れるとパチパチ!する
「すっごくオイシイのにパチパチに全部持ってかれる~(≧∇≦)」 (ムスメ)
(子供の頃食べたドンパッチってお菓子を思い出す感じ?)

出汁も美味しく、器と食感が個性的で印象に残るグラニテだ。



『 11蛸B-minute 』
こと
'飯蛸ビーフン'

髪の毛レベルに細い牛蒡の素揚げがいいんだなー。



新物の海苔、葱、刻んだ壬生菜の漬物に
飯蛸&ビーフンをよーく混ぜ混ぜする。
そこに香ばしい揚げた牛蒡。
色んな食感、いろーんな香りが一体になって美味しいのだ。
粒状は飯蛸のたまごだと思うんだけど
そんなのも入ってて、へ~!って思う。



『ニョキニョキ』
あまり捻ってないネーミング。
炭火焼した九州産たけのこ。



芳ばしい。
炭火で焼くことで
とうもろこしにも通じるような香りが。
贅沢な筍は、ストレートな食べ方が一番の調理法かも。



『297BE』
こと
’肉なべ’



脂がい~い感じのロース牛に細く細く処理した牛蒡。
それに水菜。
中央部にちょこっと柚子こしょうが乗ってます。



ついにラストになりました。
『 ♪45:30 』
コースを終える頃には大将のセンスが判読できるようになり

「わかった!しらすご飯だー」


正解。
しば漬けの赤紫が色にも味にもアクセント。



おーいしい!
「食べ切れなかった分はおにぎりにしてお持ち帰りいただけます」
と案内してくださったので
それもいいな~。
明日も楽しめる?


釜揚げしらすの新物が出ている時期だし
浅利も今が旬。



2杯目は出汁をかけて茶漬け風に。
・・・などと堪能していたら
土鍋はカラに(笑)
3人でキレイに食い尽くしてましたわww



更にこの店のありがたいところは
デザートが別料金なこと。
800円で
白い○-○-&黒ゴマシャーベット
桜餅
コーヒーorほうじ茶
のセットがあるそうだけど
デザートはイラナイ!というワタクシのような人間には
このシステムはありがたいのです。

この日、3人でゴンゴンと日本酒を呑み倒したよ~ 


茨城県 来福 桜酵母 純米酒生酒
ラ・ボンバンスさんの日本酒の品揃えは
酒バカのオットも満足だった模様。
ご招待した身としてはヨカッタな~、と安堵。


栃木県 鳳凰美田 「芳」 純米吟醸生酒
・・・などなど
だいたい、各酒1合1200円くらいで
それを3人で7合くらい飲んだかなー?
片口は正一合、または一合以上の量をたっぷーり注いでくれたよ。
オマケ心がウレシイ!


お食事の器がステキだけど
酒器もすべてハイセンスで
酒も美味くなるじゃーないかっ^^



この内容なら、非常に満足度が高い1万円だ!と我らの意見は一致。
(我が家のようにバンバン呑むと3人でお会計5万円越えちゃいますケドw)

ぜひ、季節を変えて再訪したい店に出逢いました。



関連記事
都内レストラン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply