Welcome to my blog

東京のうまいもん

ウルフギャング・ステーキハウス丸の内店★こにゃくう、誕生日に肉が食べたい

0 0
2016年4月某日


夕暮れ時の東京駅丸の内。
週末のディナーに向かう、こにゃくう&オット&ムスメ。


今晩のレストランは、この重厚なビルヂング内にあります。




現在も明治安田生命保険の本社屋だが
元々は1932年(昭和9年)竣工のレトロおしゃれなビル。



終戦後はGHQに接収され、アメリカ極東空軍司令部が置かれた歴史がある。
2001年に改修されて現在に至るのだけど、
エレベーター内や建物内部には
往年のディテールやパーツが残されていてステキ♪
(重要文化財に指定。入場無料で見学もできる)



そんなビルの地下フロアを突き進んだ先に
今晩予約のレストランがあります。



4月某日はワタクシ、こにゃくうの誕生日なもんで
「ココ予約しといて~!」
とオットにリクエストしたのだ。



ウルフギャング・ステーキハウスはNYの有名店。
ここ丸の内店は日本国内2店舗目で
(株)WDIが経営している。
(エッグスンシングスやハードロックカフェ、カプリチョーザを展開しているレストラン事業社ね)



2014年12月のオープン以来、ずっと気になっていたのだけど
チャンスが無く。
ワガママ言えるたんじょう日こそ好機だ!と
本日、ようやくの来店。




テーブルに着くとさっそくパン登場。
ガーリックパンやソフトで甘めのパンたち。
(フリーなので、まずまずフツウの味)
ビールで乾杯。
(キリン一番搾りプレミアム 950円)
飲みながらメニューを決めましょー

この店・・・というか
米国系店や(株)WDIが商っているレストランでオーダーするときには
メニューから皿の量をイメージすることが肝要。


アペタイザー(前菜)でも各々この値段。
それなりの量だろうから、複数人でシェアするのが前提。
調子に乗って各人それぞれがスープ、サラダなんてオーダーしようものなら
本命のステーキを目の前にして満腹状態→ 負け!になってしまうからね。



ということで
熟考を重ね、紛糾する家族会議の末にチョイスしたメニューたち。
まずは
クラシック・シーザーサラダ 1600円
フツーにシーザーサラダだけどオイシイ。



ウルフギャングスタイル・ジャーマンポテト 1500円
こってり濃厚なバターの味でやさしい味わい。
ムスメの大好きな味の系統だよね、コレ。



鮪のタルタル アボカドのスライス、メルバトースト添え 2500円
こーいう時のマグロってまったく期待してなかったんだけど
けっこうイケてる。
鮪をダイスカットのキュウリ、アボガドと混ぜ混ぜしてトーストに乗せてパクッ。



ビールは瞬間で無くなったのでワインに移行。
カルフォルニア、ナパバレーの白を。
NEWTON アンフィルターのCHARDONNAY 9800円
メニューの中ではお手頃価格ワインだけど十分美味しかった。
気に入ったのでおかわりも同じボトルで。
2本飲んじゃったわっ!



オープンして1年以上経つのに、この日も満席、大盛況。
あちこちで「ハッピバースデ~ツーユー♪」の合唱が湧き起こる。
ワタクシと同じ4月生まれの皆さん、オメデトウ。
カッポーのテーブルには
花火が着いたキーライムパイがサーブされていた。
(誕生日だと無料で提供してくれます)

「こにゃくうの分も頼めばよかったなあ」
とオット。

いや、ワタクシはスイーツいただいてもひとつも嬉しくないですから。
結構ですっ 
(キッパリ)

あのイワユル『お誕生日にスイーツのサービス』ってヤツ
「ワイン1杯サービス」に替えてくれら嬉しいんだけどなー。



とかなんとか食べて飲んでいるうちに
真打登場!

プライムステーキ 16000円
このサイズで2名様用。



フィレ部分(左)とサーロイン(右)部分の両方が楽しめる
Tボーンステーキだね。
※あら。ピンボケだわっ^^;

’専用熟成庫で28日間を目安にゆっくりとドライエイジングした「プライムグレード」の牛肉を、900℃のオーブンで焼き上げ熱々の皿に乗せてご提供’

・・・というのが、このお店のステーキの個性。


フィレの周囲はカリッと焼きあがって
噛み締めるほどに肉肉しい味がほとばしる。
サーロインはじゅわっと染み出る脂が上質。
ドライエイジング、熟成肉
美味し!



アツアツを取り分けてくれるテーブル担当の女性。
フレンドリー且つ的確な対応をしてくれる方で
サービス面でも満足だったわ。



ステーキ店では「うかい」が大好きなんだけど
最近はサシが入った和牛は少量でいいかな~、と思うように。
こういう、噛み締めるヨロコビの赤身肉にも魅力を感じるようになってきました。
年とったんか、こにゃくう!

てか、誕生日でしたっけ?^^;


こにゃくう&オット、大学生女子のムスメの3人で
ちょうど後悔なく食べ切れる量のオーダーで満足度高し。
お会計 54000円くらいだったかな。



時々でいいから
またあの熟成肉を噛み締めたいな~。

リピ、有り!だわ。

【追記】2016年9月リピしました→ 「再訪・ウルフギャング・ステーキハウス」




関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply