Welcome to my blog

15年英国

44.ロンドン市街を歩いて巡る★ハリーポッターロケ地とHistorical place

2 0
★警告★当記事は長文です。ムダに長いデス。
お時間のある方は是非お付き合い下さい。ゴメンナサイ!

前の記事よりつづき 】
2015年8月13日


シティ・オブ・ロンドンの旧王立証券取引所前で待ち合わせていたのは
オットがネットで探してきたロンドンツアーのガイドさん。
『映画ハリーポッターのロケ地を見て回ります。ついでにロンドンの歴史もね』
・・・といった内容の、4時間お散歩コース。

現れたのは
英国人男性と結婚しロンドンに在住中、という日本人女性でした。
仮に、Y嬢といたしましょう。



やあやあ、と挨拶を交わし
では、さっそく・・・とY嬢、
シティに立ち並ぶビルとビルのほんの狭い路地に入り込んでいきます。
ええ?ここ、道?ってか、隙間?



路地を抜けた先に「THE JAMAICA WINE HOUSE」
Y嬢のコメントです。
『ロンドン、といえばティールームやビールパブを思いうかべるでしょう。
でも、紅茶やビールの文化が登場する以前のロンドンでは
コーヒーハウスでコーヒーを飲む行為が政治やビジネスを動かしていました。
1600年代半ばのことです』


『ここは、ロンドン最初のコーヒーハウスの跡です。
今は「ジャマイカ・ワイン・ハウス」という名のパブになってます。』Y嬢)
コーヒーなんだか、ワインなんだか、ビールなんだか
ややこしいww



建物は19世紀に建て直しているそうなので
ビクトリアン調の内装なのが外から覗いて確認できます。

『コーヒーハウスは飲酒、女性の入店禁止で、
コーヒー代を払えば階級に関わらず入店できる‘パブリック’な’ハウス’でした』 
(Y嬢)

あ~あ、それが後にパブに進化していくんだねー。

女性がいない店で、シラフで話していたら
仕事の話題ばっかになった・・・ということでしょうか。
金融街、シティの傍に登場したのも道理だよなあ、と納得。



建物ギッチリの密集地に
不自然な空き地。
『ここ、夜になると時に出るんだそうですよ
(Y嬢)
・・・などという路地を抜けると



お~!クラシカルでステキな商店街!
こにゃくう、大好物な雰囲気ですよっ
『リーデンホール・マーケットです。生鮮食品市場として14世紀からスタートしました』 (Y嬢)


現在のマーケットは19世紀の物だと。
なるほど、ビクトリア調でゴージャスなわけですね。


BUTCHER・・・お肉屋さんだー。
このトゲトゲは・・・
お肉屋さんが屠殺した食肉を下げたフック、ということですね^^;



年季の入った石畳だこと。
『ロンドン五輪の時のマラソンは、
このマーケットを走り抜けるコース設定になっていました』 (Y嬢)

こにゃくう、思い出しました!
ツルツルで滑るじゃん!何の障害物レースだよ、と思ったアレがここなんですね!



もちろん、現在はお肉屋さんばかりではないようで
パブやカフェが多く目に付きます。
お。
「ボクたちシティのエリートビジネスマンですが、ナニか?」
みたいなのがいっぱいおる!
しかも皆さんビール飲んでのんびりおしゃべりしてますが?
仕事いいんですか?



日本で午後3時から酒場で立ち飲みしている会社員がいたら
ちょっと心配になっちゃうのですが
所変われば習慣が違うのだなー、と羨ましく思いました。
17世紀、コーヒーを飲みながら商談をした遺伝子が残っているのでしょうか?



『こにゃくうさんご夫妻にお見せしたかったのは、このアングルです。
ハリポタ映画第1作目「ハリーポッターと賢者の石」で
ハリーがハグリッドと歩いていたアーケード街はこのポイントです』 (Y嬢)

で、ハリーとハグリッドは右折して・・・


パブ「漏れ鍋」へ!
おーお。この感じ、覚えてますよ!



マグル世界のロンドンとダイアゴン横丁を繋ぐナゾのパブ「漏れ鍋」
その正体はOPTICIAN (メガネ屋さん)でした~^^

リーデンホール・マーケットを出て、テムズ川を南岸に渡ります。


ロ~ンドン橋落ちた~落ちた~落ちた~♪の唄そのままに
西暦46年に最初の橋が造られてから、何度も何度も何度も
崩壊、沈下、破壊等々で架け替えを繰り返して来たそうで。
『17世紀初頭の図です。橋の上にぎっしり家が建ち、火事で落ちました』 (Y嬢)
1750年にもう一本橋が架かるまで(ウエストミンスター橋)
テムズ川唯一の橋だったって!
落ちたらロンドン市民は不便だったことだろうねぇ。



ロンドン橋のたもとであるこのあたりは
18世紀までロンドン随一の大動脈、メインストリート、幹線道路だったのね。
(現在のロンドン橋は地味すぎだったので撮ってません)



人が行き交う場所なら、宿泊施設があって当然で
ここ、ジョージ・インはロンドン大火災の後、1676年に再建築された宿(INN)です。
入口は狭く、建物は奥に引っ込んでいるので
知らなかったら前を通っても素通りしちゃうでしょう。



引っ込んだ先にある、この中庭に馬や馬車をプールしていたんだろうなー。
再建築された、といってもすでに300年!経っているのですが
手入れが行き届いているのでとても築300年の物件には見えない。
歴史的価値ありすぎなので
ナショナルトラストの管理になってます。


『パブとして営業しています。ここらでひと休みいたしませんか?』 (Y嬢)
さんせー! 
ばんざい、ビール!



右から2つ目、THE GEORGE INN って標示してあるALEをいただきー!
もちろん、Y嬢には一杯おごらせていただきました。


17世紀の雰囲気あるパブでオリジナル・ビールを飲めてシアワセだー。
「普段、お酒は何を?」などという会話から
Y嬢もお酒好きと判明。
『英国人の知り合いで、日本に渡って日本酒造りをしている男性がいるんですよ』 (Y嬢)


「それって、もしかして・・・H氏?!」 (オット&ワタクシ)
驚いたことに、
Y嬢のお知り合いで日本で酒造りをしている英国人男性が
オットの知人でもあったという偶然。
世間は狭いどころか、地球は狭い!
こうなると、すっかり打ち解けてお酒談義で盛り上がる我ら3人。



友達の友達は皆ともだちなのだなあ。


その後もひたすら歩いて散策。
ホップを売り買いする取引場跡。
デザインが美しい。


青果物市場が発展した、バラ・マーケット。
ロンドンに住んでいる人が羨ましいマーケットでした。


いろんなスパイスやオイルのお店。
おもしろそう。
レイアウトが美しいからお客も集まる。


試食もアリのパエリア屋さん。
買ってみたかったけど、この後ディナーだもんなー。


この蟹の爪!オイシソウ!買いたい!
ストーンクラブの鋏かなー。
日本では売ってないから・・・
しがない旅人は眺めるだけでした



次に連れられて来たのは
コチラの殺風景なオフィス街の裏道。
SCOTLAND PLACE SW1の住所表示のここは
スコットランド・ヤードの裏手。



映画ハリポタでは「魔法省」という設定になって登場します。
ホントはスコットランドヤードだったんだー。
『死の秘宝 Part Ⅰ』でロンがうろちょろしてたり
『アズカバンの囚人』でもココ出てます。
赤い電話ボックスは撮影用セットだったのですね。



4時間以上散策しつづけ、ようやく最後のポイントです。
ハリーポッターといえば、ココが象徴的な場所でしょう。
キングズ・クロス駅。



ハリーポッターの象徴的なシーンとなった、
キングスクロス駅9と3/4番線にカートで突っ込む場面。
9番線と10番線の間は、数年前までは自由に行けたのですが
今では改札を通過しないと見に行けません。
残念。



代わりに、
改札前の一角にこんなコーナーが用意されています。
なんちゃって9と3/4番線で、アナタも魔法使いに!



グリフィンドールのマフラーも完備で芸が細かいww
カートの疾走感を出すために、
順番の次の人がマフラーを引っ張る、という流れができているww
微笑ましいこっちゃ!



よく見たらスリザリン、ハッフルパフ、レイブンクローのマフラーもあったー。
皆さん、ハリーの所属するグリフィンドールでやりたいんですねっ。
世界各国の人々で大行列。
ディナーの予約があるこにゃくうは、並ぶのを諦め
しばらく、皆さんの撮影大会を眺めていました。



子供も大人も。男性も女性も。
白人も中近東の人も。
政治上、日本と何かとぶつかるアノ国の人も。
みーんなハリーポッターが大好きでここに延々と並んでいる。
互いに言葉を通ずる事は出来ない人たちだけど
たったひとつの話題でだったら、この人たちは一緒に盛り上がることができるんだ。
「ハリーポッター、好きでしょ?」
「うん、好き!」
見知らぬ世界の人々と共通の話題が成立するって、凄いことだと思った。
ハリーポッターは偉大だ。



記念撮影コーナーの傍には
ハリーポッターグッズのショップもありまっす!
ただし、こちらも大行列で
入店規制されていました。
絶対にお買い物したい場合はかなりの余裕が必要ですね。



約4時間を少々オーバーしての充実したロンドン徘徊でした。
ハリポタ映画のロケ地だけでなく、ロンドンのむかしむかしがリアルに伝わった。
ガイドのY嬢とはここでお別れ。
「ありがとう!楽しかったです。次回は日本酒持参で来ますね~」

ワタクシとオットはお寿司を食べに
リージェント・ストリートへ向かいます。

つづく:ロンドンでスシくいねえ 】
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
No title

mihi♪  

2016-09-26 16:14

「漏れ鍋」や「魔法省」、「9と3/4番線」あ~~~、絶対行きたい~~~~。
ハリポタは家族で大好き!「賢者の石」は、子ども達が小さい頃読み聞かせして、毎晩少しずつ眠らせるために読んでいたのに、子ども達の目がギラギラワクワクして、次の日幼稚園なのに「もう少し、もう少し」と言われ、夜更かしさせてた思い出が…(~_~;)。
こにゃくうさんの素晴らしいブログ永久保存版にして、行ける日まで地図見ながら予習させて頂きまーす!!いつの日か、行けるといいなぁ~(~_~;)。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2016-09-26 17:42

> mihi♪さん
ウチのムスメも同じくハリポタ世代です。
分厚い本に果敢に挑めるきっかけになったのもあの名作のおかげですし、読書好きな子にしてくれたのもハリーだったのだと思います。
つられてついつい、親たちも本と映画にのめり込みましたよね。
長い記事にお付き合い下さった事、感謝いたします。ありがとう!

EDIT  REPLY    

Leave a reply