Welcome to my blog

15年英国

45.So Restaurant ★ロンドンのお寿司屋さん

2 0
前の記事よりつづき 】
2015年8月13日

キングズクロス駅から地下鉄ピカディリー線に乗って
ピカディリー・サーカスで下車


地上に上がったら、リージェントストリートがイイ感じにカーブしていた。
有名ブランドの旗艦店が軒を連ねるこの大通りから
ちょこっと脇道へ。


ロンドン最後のディナーは
日本食が食べたいね、ということで

SUSHIが食べられる和食屋さんです。
ネット予約しました。


我らジャパニーズのオアシス、居酒屋の雰囲気。
なんだかホッコリするわー。


明日になれば、日本への帰国の途に着くのですが
ロンドンにおける和食と日本酒事情を覗いて見たくてね。


ロンドンに来てサッポロビールを飲むおばかさんw
(£4.2)


帆立と大根のサラダ (£8.5)


たらばがにの酢の物 (£9.0)


茄子田楽 (£4.5)
・・・などと、コスパ無視で食べたいものをオーダーしちゃってます^^


獺祭4合ボトル (£70)
オットのコスパ無視が止まりませんっ
ダレか止めたってー



日本では、ほぼエブリディで日本酒をのんでいるオット。
成田空港以来の日本酒が喉を通過して行くのがうれしそうです。
もういいやー、好きなだけいっちゃいましょう!
和牛たたき(£10)


裏 雅山流 香華 (£50)
やっぱり4合ボトルは2本目に突入^^;



L字型のカウンターを覗けば
サッポロビールを飲みつつ、器用に箸で小鉢料理をつまむ英国紳士。
カウンター越しに大将とよもやま話などをしている。
やるな、ロンドンのおっちゃん!
その飲み方は、ニッポン男子の正しい居酒屋スタイルですよ。

寿司を握るスタッフさん達はナンチャッテ日本人ではなく
日本人の方々でした。



日本人駐在員や旅行者が多いのかなー、と思っていたのですが
むしろコチラの方々がほとんど。
皆さん、日本のビールなどを飲み、寿司をつまんで楽しそう。


最後に巻物たちを。
サーモン(£4.2)&カッパ (£3.0) スパイシー・ツナ(£6.4)


INSIDE-OUT ロールでアボガド&サーモン (£5.5)
アボガド&烏賊
頼みすぎだろー。


ハイレベルの日本酒と久しぶりの日本食で
楽しい英国最後の夜でした。


最後にSOさんのメニューを絨毯張りしておきます。


高級な日本食レストランではないです。


でも海外で和食を食べれば高くつきますから


なんだかんだでソコソコいきますが
オットのように日本酒をバカ飲みしなければ大丈夫なはず。



以前サンディエゴで食べた日本食レストランと比べて考えたりしましたが
SOさんの方が日本食に忠実だわ。



海外に行っても、一回は日本食を食べてみたくなる人なので


いえ、お醤油の味が恋しいとかそーいう理由よりも


日本食が諸外国でどんなイデタチで食べられているのかなー、という
好奇心でしょうかネ。


オットの場合は
ただただ、血中日本酒濃度が下がってしまったから
呑みたいだけだと思いますケド



SOさんは、品質の良いジャパニーズSAKEを
遥か遠いロンドンで提供してくれているありがたいお店だと思います。



夏の夜。
リージェント・ストリートはまだまだ賑やか。
明日は日本に帰るのですね。

【 つづく 】

関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
No title

mihi♪  

2016-09-26 16:19

本物の日本の方が握ってるのなら、本格的な寿司ですね!
なんちゃってじゃなくて良かった!!(~_~;)。

EDIT  REPLY    
No title

こにゃくう  

2016-09-26 16:56

> mihi♪さん
諸外国にはありますよね!
黄色人種ならセーフでしょ?みたいな考え方。
先日行ったナポリの寿司屋さんの大将は更に変化球。
ブラジル人でしたww

EDIT  REPLY    

Leave a reply